TOP > 試合結果

【レベルス】歴史的快挙、T-98が史上6人目の外国人ラジャダムナン王者に

2016/06/01(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

右フックで渡辺(左)からダウンを奪ったハチマキ(右)

▼第6試合 REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
ハチマキ(PHOENIX/REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級王者)
判定3-0 ※49-47、49-47、48-47
●渡辺理想(極真会館/挑戦者)
ハチマキが2度目の防衛に成功。

 渡辺は今年1月からREBELSに参戦、「最短距離でベルトを巻く」との宣言通り、3戦目にしてタイトル挑戦のチャンスを手にした。迎え撃った王者ハチマキは今回が2度目の防衛戦。

 1R、渡辺はハチマキの蹴りをキャッチしてコカしていく。さらに左ミドル、左ストレートでハチマキのボディを徹底的に狙う。

 2R、ジャブを多く突くハチマキは首相撲に持ち込んでのヒザ蹴り。渡辺は左ハイをかすめさせ、左ストレートを当てるが、首相撲に持ち込まれるとハチマキがヒザを出してやや優勢。

 3Rも首相撲に持ち込むハチマキがヒジ、ヒザを見せる。

 渡辺は組まれる間際に左ストレートを入れるが、ハチマキの突進しての右フックでダウンを奪われる。パンチ連打で追い込まれる渡辺だが、組み付いてこのラウンドをしのいだ。

 4R、パンチで打ち合いにいく渡辺だが、やはり首相撲に捕まる。ヒジ、ヒザを入れていくハチマキ。

 組際に左ストレートを当てる渡辺だが、やはり組まれてしまう。ハチマキはヒザを連打してヒジにつなぎ、渡辺の体力を削っていく。

 5R、ボディブローと左ミドルで対抗する渡辺に組みついてヒザを見舞うハチマキ。ヒザに気を取られる渡辺はヒジをもらう。

 渡辺はハチマキの首相撲地獄から逃れることが出来ず、ダウンを奪ったハチマキが判定3-0で2度目の防衛に成功した。


 

左ミドルで主導権を握る日菜太(右)

▼第5試合 70kg級 3分3R REBELSルール
日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
判定3-0 ※30-28、30-28、30-27
●レドアン・ダウディ(オトマニジム)

 3月大会でWMTAナショナル王者ハミシャ・モーチェにダウンを奪われ、まさかの判定負けを喫した日菜太。今回の再起戦は同じオトマニジムのダウディとの対戦となった。ダウディも3月大会に参戦し、T-98と引き分けている。

 1R、飛び込むような左ストレートを2発ヒットさせた日菜太にダウディはワンツーで応戦。思い切りパンチを振り回してくるダウディの勢いに押される場面もあったが、日菜太は左ロー、左ミドルを入れていく。

 2R、パンチで突進してくるダウディに左ストレートを突き刺す日菜太

 左ミドルを3発叩き込むと左ストレートをヒットさせる。その後も左ミドルを何度もクリーンヒット。

 3R、左ミドルを何度ももらうダウディだが、パンチでの突進をやめない。左ハイを狙う日菜太だったがブロックされ、タフなダウディを仕留めることが出来ず、判定3-0で日菜太の勝利となった。

 日菜太はマイクを持つと、「3月の後楽園ホールでメインを任されて、応援してくれる人を裏切るような結果を出してしまって悔しかったです。その負けがあったので今回は(慎重になって)動けなかったんですが、29歳の日菜太の精一杯を出しました。このリングで戦って勝つのは最高です」と語ると、「8月7日の大田区総合体育館大会でアルバート・クラウスとやらせてください。僕のモチベーションを上げるのはそういう相手だと思います」と、初代K-1 WORLD MAX世界王者との対戦をアピールした。

●次ページは水落vsキヒョン、ドウリャvs裕樹 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2016年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック