TOP > 試合結果

【ボクシング】拳四朗が右ボディ一閃、KO勝ちでV3「気持ち良すぎてたまんない」

2018/05/25(金)UP

拳四朗が2Rに右ボディストレートでKO勝利

 5月25日(金)東京・大田区総合体育館にてWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが行われ王者・拳四朗(26=BMB)が挑戦者で同級1位のガニガン・ロペス(36=メキシコ)を2R KOで破りV3を達成した。

 両者は2017年5月20日に対戦し、当時王者だったロペスを拳四朗が判定2-0で破り、拳四朗がプロ10戦目にして無敗のまま世界王者となった。それから1年、拳四朗3度目の防衛戦が今回のリターンマッチとなった。

新たな武器、右のボディストレートで攻める拳四郎

 拳四朗は一昨日の調印式で
「再戦ということで前よりも明らかな差を見せたい。サウスポーに今はより慣れたので、距離感を持って相手に入らせず、打たせないボクシングをしたい」とコメントしている通り、試合が始まると、立ち上がりは距離をとりジャブを当てていくが、ロペスのパンチは当てさせない。

 2R、ジャブから右で徐々に距離を詰めていく拳四朗、試合中盤、拳四朗のボディストレートがクリーンヒットする。ロペスがジャブで仕掛けたところに更にレバーに右ボディストレートが入り、ロペスはたまらずダウン。そのまま10カウントを数え拳四朗がKO勝利した。

V3を成し遂げた拳四朗

 勝利した拳四朗は「気持ち良すぎてたまんないです。1R目緊張感があって自分の距離感あって行けるかなと思ってた。昨夜、ご飯のとき父(BMB・寺地会長)に右のボディで行けという話をしていて、まさかその右ボディで決まるとは」と喜びを語った。

 拳四朗は13戦13勝7KOと戦績を伸ばした。 

●編集部オススメ

・拳四朗が再戦圧勝へ、8万円超の牛肉弁当食らう

・拳四朗、再戦は「明らかな差を見せる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果