TOP > インタビュー 一覧

 6月23日(日)東京・後楽園ホールで開催の『SHOOT BOXING2013 act.3』にて行われる、シュートボクシングvsパンクラス3vs3対抗戦で宍戸大樹(シーザージム)と対戦する林源平(HEAT)。パンクラスで1勝1敗の戦績だが、181cmと長身からブンブンと振り回す左右のフックは驚異! 番狂わせを狙う。 (取材日:2013年6月16日)

PROFILE
林源平(はやし・げんぺい)

1989年11月9日生、静岡県出身
身長181cm
2012年11月MWJ杯JMLオープントーナメントウェルター級優勝
戦績:2戦1勝(1KO)1敗

■第1章 宍戸攻略の糸口は……

――シュートボクシング(以下SB)との対抗戦のメンバーに選ばれましたが、このお話を聞いてどうでしたか。 

「ビックリしました。こういうチャンスは滅多にないので嬉しいです」

――パンクラスではこれまで2戦しかしていませんが、ご自身がパンクラス軍のメンバーに選ばれたのはどうしてだと思いますか。

「面白い試合が出来ることが1つ。あと若さだと思います」

――対戦相手はSBのトップ選手の宍戸選手に決定しました。

「高校の時から格闘技の試合を見ていたのでもちろん知っています。特に好きな選手というわけではありませんが、尊敬できる選手です」

――宍戸選手のファイトスタイルについてはどういう印象を持っていますか。

「とにかく手数が止まらないですよね。スピードは…

・・・

林源平インタビュー内容
■第1章 宍戸攻略の糸口は……
※以下、会員の方のみご覧になれます。 
第2章 普段は90kgも!?「たまに120kgある選手とスパーをやります」

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧