TOP > 月間ベストファイター 一覧

【月間ベストファイター・12月】マネル・ケイプ、朝倉海を倒した強気な作戦語る。新ターゲットは「朝倉の兄貴」

 毎月イーファイトのサイト名にちなんでより“良い試合”をした選手に贈られる、格闘技月間ベストファイター賞。2019年12月度では、12月31日(火)のさいたまスーパーアリーナで、朝倉海(トライフォース赤坂/元THE OUTSIDER 55-60kg級王者)とのRIZINバンタム級タイトルマッチに挑み、第2ラウンド38秒TKO勝ちで新王者に輝いたマネル・ケイプ(アンゴラ/AKAタイランド)に決定した。(2020年1月24日UP)

PROFILE

マネル・ケイプ(Manel Kape)
1993年11月14日、アンゴラ出身
身長167cm
AKA Thailand所属

2012年5月にポルトガルでプロデビュー。野生の獣のような身体能力を武器にヨーロッパMMA界で快進撃を続け、17年10月にRIZINへ初参戦すると、山本アーセンを相手にハイキックで1R71秒TKO勝利を収めた。
18年5月の『RIZIN.10』で朝倉海と対戦し、ケイプは1-2の僅差で判定負け。判定を不服としたケイプは、この試合後、事あるごとに朝倉との再戦をアピールすることになる。
19年大晦日の『RIZIN.20』では、当初、同年8月のノンタイトルマッチでバンタム級王者・堀口恭司を初回KOした朝倉と堀口とのタイトルマッチが予定されたが、堀口が負傷欠場となり王座を返上。
それを受けて朝倉とケイプのバンタム級王座を懸けた再戦が実現し、ケイプがパウンド連打で2RにTKO勝利、見事にリベンジを果たすと同時に王座を獲得した。

選考理由
1、堀口が返上した王座決定戦で朝倉海にTKO勝利でリベンジし新王者に
2、予想では接戦か波に乗る朝倉有利も言われたが、ケイプが試合のペースを握った
3、ケイプが2RでKO宣言したとおり、見事に実現させた。

選考委員
格闘技雑誌Fight&Lifeとイーファイトの全スタッフ

 受賞されたケイプ選手には、ゴールドジムより以下の賞品(アルティメットフレキシジョイントUC-Ⅱ 1個、マルチビタミン&ミネラル 1個、アミノ12パウダー 1個)と、イーファイトより記念の盾が贈られます。

アルティメットフレキシジョイントUC-Ⅱ®

非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-Ⅱ®)に、MSMやユニベスティン、キャッツクローを配合したサプリメントです。
マルチビタミン&ミネラル

100%自然素材を使用したビタミン&ミネラルサプリメント。着色料、香料、保存料は一切使用しておりません。
アミノ12パウダー

BCAAなど体内で合成できない必須アミノ酸を8種類配合。身体作りに好適なアルギニン、オルニチン、グルタミン、グリシン配合。飲みやすいオレンジ風味。
詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
贈呈:ゴールドジム

ベストファイター記念インタビュー

倒れた朝倉をパウンドで猛追するケイプ

 第2ラウンド、会心の右ストレートでダウンした朝倉に、容赦ないパウンドの連打でフィニッシュに持ち込んだケイプの完勝だった。
 昨年5月、朝倉に1-2で敗れた判定に「納得していない」としきりに言っていた、あの初対決と比較して、今回の朝倉の戦力はどうだったかと尋ねると、ケイプはおなじみの“ビッグマウス”にスイッチが入った。
「朝倉も強くなっていたかも知れないが、俺はそれ以上にレベルアップできていたから。試合中の想定外は何もなかったよ」

1R、ケイプは朝倉に“お前の右(のパンチ)では俺は倒せない”と伝える作戦をとったという

 一般的に、同じ選手との再戦では、互いに相手を知っているので、より頭を使ったほうが勝つと言われているが、今回のケイプにも、朝倉を精神的に追い詰める一つの作戦があった。
「朝倉が自信を持っている右のパンチは堀口恭司や佐々木憂流迦なら倒せたが、俺は彼らよりも打たれ強い。その頑丈さを活かして、あの試合では、第1ラウンドの間に“お前の右では俺は倒せないし、そもそもビビっていない”というメッセージを伝えることが大切だった。この作戦に十分な手ごたえがあったから、1ラウンドで終わらせることだってできたよ。ただ、第2ラウンドで終わらせる予告をしていたから、あえてセーブしてやったのさ」

 とにかく自信たっぷりに語りまくるケイプだが、対戦経験のあるファイターたちへの友情や敬意が欠けているかと言うと、あながちそうとも思えない。今回も勝利後は、2017年12月に戦った堀口の元へ向かった。
「今回の試合チャンスは堀口のケガで回ってきた。ケガを喜んでいるわけではないけれど、彼にも感謝するべきだと思ったから」

弟・海とケイプの試合でセコンドに就いていた朝倉未来

 試合からおよそ1か月が経った今、ケイプはすでに次の試合へのエネルギーがあふれ出ている。
「この王座を守りたいし、朝倉の兄貴が相手に困っているようなら、階級を上げて彼と戦ったっていいんだぜ。日本でチヤホヤされた朝倉兄弟の両方に勝って、みなさんにショックを与えます。とにかく俺には誰もかなわない。それを証明する2020年にしてやる!」

ナンダヨー!という挑発の言葉もファンにおなじみ。「日本の友人の子供と電話で話す時にナンダヨーの言い合いをするのがなんとなく習慣になったんだ」と教えてくれた

 王座を防衛する場合は、対戦相手は扇久保博正が最優先となる。それについても「RIZINの試合で、今まで一番楽な試合は今回だったが、扇久保の試合はそれに続く簡単な試合になるだろう。彼はベルトをかけて戦うレベルに達していない」と言いたい放題。だが、そこには格闘技へのストイックな取り組みが裏打ちにあって、それをケイプはビッグマウスの合間にも伺わせてくる。
「俺は相手が誰だろうと練習から絶対に手を抜かない。扇久保が俺以上の練習をしているとは思えないからね。今から1日25時間練習して、俺に挑戦する資格を得ることだ!」

●編集部オススメ

・[選考対象の一戦]朝倉海がTKO負け、新王者はマネル・ケイプに

・朝倉海にTKO勝ちのケイプ「彼の今日の動きでは俺には勝てない」

・朝倉未来が大将戦でベラトールのマカパを撃破、世界レベルの実力を証明

・扇久保博正が石渡伸太郎とのド突き合い対決制し、王座挑戦権を獲得

・朝倉海とケイプが計量で火花バチバチ「自分が真の世界チャンピオン」(ケイプ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!



TOP > 月間ベストファイター 一覧