TOP > ニュース

【ライズ】3・17清水「空手は極真が一番だと証明する」

2013/03/16(土)UP

▲前回は上原(左)が逆転KO勝ち。清水(右)のリベンジなるか?

 3月17日(日)東京・後楽園ホールで開催される『RISE 92』に出場する全選手の公開計量&記者会見が、16日(土)14:30より都内で行われた。

 メインイベントの初代RISEライトヘビー級(-90.0kg)王者決定戦で対戦する、第3代RISEヘビー級王者・清水賢吾(極真会館)と上原誠(士魂村上塾)は、清水が90.0kg、上原が89.6kgでそれぞれ計量を一発でパスした。

 清水は「上原選手とは3年ぶりの対戦ですが、前回負けたので今回はリベンジして二冠王になりたい」と挨拶。すると上原は「今回は2Rくらいで決着をつけたい。勝つ自信ある?」と清水を挑発。清水が「もちろん」と答えると、「じゃあ、ヘビー級のベルトも懸けてよ。ダメ?」とさらに挑発を続けた。

 上原は「普通に戦って、いつも通りに勝つ。相手は蹴りが強い選手なのでカウンターで行っちゃおうかな」と余裕のコメント。清水は「前回よりも全てにおいてレベルアップしている。新しい技もいくつかあるのでお楽しみに」と新技の投入を予告。また、「空手対決なので、空手は極真が一番であることを明日証明します」と言い放った。

▲1年ぶりにタイトルマッチで再戦する王者・吉本(右)と挑戦者・左右田(左)

 セミファイナル(第9試合)のRISEスーパーライト級(-65.0kg)タイトルマッチで対戦する王者・吉本光志(ヌンサヤームジム)と挑戦者・同級1位の左右田泰臣(そうだ・やすおみ/シルバーウルフ)は、吉本が65.0kg、左右田が64.9kgで両者一発で計量をパス。

 吉本は「タイトルマッチが決まった時点でこれは王者決定戦だと思い、強い男に憧れた初心に返って強い自分を見せたい」と挨拶。左右田は「昨年の1月にプロで初めて負けて、そこで自分を変えてくれたのは吉本選手でした。勝たないと変わったとは言えないので自分を変えてくれた感謝の気持ちを込めて、吉本選手を倒したい」と語った。

3・17「RISE 92」の大会スケジュール、チケット情報、対戦カードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース