TOP > ニュース

【Krush】“悪童”木村が挑発、そこで“狂拳”竹内は…

2013/08/01(木)UP

▲挑発を繰り返す木村(右)に竹内(左)も苛立ちを隠せなかった

 8月1日(木)都内にて記者会見が行われ、9月21日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.33』にてKrush -63kg級挑戦者決定戦を争う“狂拳”竹内裕二(菅原道場)と木村ミノル(Fighting Kairos/マイウェイジム)が出席した。

 両選手ともサングラスをかけて登場し、ピリピリしたムードが会見場を包んだ。木村が「意気込み? 別に。竹内選手が相手ってだけでどうもこうもない。印象は5月のGLORYでクソみたいな試合をしたってだけ(竹内が判定負け)」と挑発すれば、竹内は「は?」とムッとした表情で「相手の印象は色白ってことぐらい」と返す。

 竹内が「楽しもうな」と言うと、木村は「その前にローキックで倒れるなよって言いたい。前回は残念だったので(6月の試合で竹内はローでTKO負けしている)」とさらに挑発を繰り返す。

 相手を試合でどうしたいかとの質問には、「ハァハァさせます(笑)」と木村が言えば、竹内は「殴って倒す。倒すことしか考えてない」とKO宣言。

 最後の写真撮影でも一触即発ムードだった両者。危険な試合となりそうだ。

 この試合の勝者と次回タイトルマッチで対戦するKrush -63kg級王者・山崎秀晃(チームドラゴン)も会見に出席し、「自分的には竹内選手とやったら面白いと思いますが、木村選手にはチームドラゴンにケンカを売られている(木村がチームドラゴンを潰すと発言した)ので、負けた方とはタイトルマッチの次にやってもいい」と両者と戦うと言い放った。

 なお山崎も9月大会に出場し、ノンタイトル戦で海外の強豪選手と対戦する。対戦相手は現在選考中で、ヨーロッパ以外から「個性のある初来日ファイターをぶつけたい」と宮田代表は語っている。

【大会・チケット情報】 9・21 グッドルーザー 「Krush.33」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース