TOP > ニュース

【パンクラス】元K-1戦士レイ・セフォーのWSOFと業務提携

2013/10/27(日)UP

▲業務提携し握手を交わすパンクラス・酒井正和代表(左)とWSOF代表レイ・セフォー(右)

 パンクラスが、元K-1ファイターのレイ・セフォーが代表を務めるWSOF(World Series of Fighting)と業務提携を行うことを発表した。

 この提携により、キング・オブ・パンクラシストは自動的にWSOFに参戦できる権利を取得し、パンクラス上位ランカーは推薦でWSOFに参戦が可能になる。また、日本人選手がパンクラス以外の団体(国内外問わず)からWSOFに参戦できない独占契約の一方、WSOF以外の団体からオファーがあれば参戦は可能。

 WSOFとパンクラスの業務提携をきっかけに、WSOFが提携しているNBC TV・CSおよびメディアネットワークをWSOFが窓口として、パンクラス日本大会のライブ、ディレイ配信の協力や、WSOFが世界的に展開していくソーシャルにも積極的に参加していく予定。この提携に伴い、日本で行われるWSOFの企画・運営を目的とした会社を年内に設立。さらにWSOFの運営ノウハウを共有化し、アメリカにおける共同開催やパンクラス・ラスベガス開催を視野に世界進出を行うという。

 パンクラスおよびWSOFジャパン代表の酒井正和は「まずは『ロード to WSOF(仮)』を2014年に開催します。意欲のある、日本の総合格闘家全員にチャンスを与える大会になると思います。各団体様のご協力も頂き『目指せ世界』『目指せラスベガス』を行っていきたい」とコメントしている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース