TOP > ニュース 一覧

【グラチャン】初参戦の手塚基伸「ベルトもらいます」

2014/04/19(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲初参戦でタイトル奪取を狙うパンクラス・トップランカーの手塚(右)

 4月27日(日)東京・ディファ有明で開催される『GRACHAN13』に初参戦する、手塚基伸(総合格闘技道場コブラ会)のコメントが主催者を通じて届いた。手塚はGRACHAN MMAバンタム級タイトルマッチで王者・中村謙作(吉田道場)に挑戦する。

 手塚はパンクラスを主戦場にして現在パンクラス・バンタム級2位。2012年11月と2013年2月にUFCに出場した経験も持つ。中村を「柔道ベースで打撃のスタイルはボクシング。身体も強い」と評価し、「最近(自分が)負けていると言っても世界レベルの相手と戦ってきていると思うので、余裕で勝てるかなって感じですね。自分も負けられないのでどんなに泥臭くても勝ちに行きます。自分が挑戦者なのでとにかく仕留めに行って一本で終わらせます」と、タイトル奪取に自信満々。

「今までの課題であった打撃など、総合的に見直して作っている最中にこのオファーが来た。ROAD FC(韓国の大会)で負けた反省点を活かして練習しています」と言い、「とにかく今回は勝ちが欲しいので最低でも勝ち。ベルトをもらいに行きます。ベルトを獲って返上しようとは思わないので、そのベルトと共に今まで負けた団体や選手に挑戦したいし、いろんなところに出て行ってベルトの価値を上げていきたい。多分、グラチャンオールスターズメンバーが黙っていないと思うので、そいつらと次回大会で試合してもいいかなと思っています」と、チャンピオンになってからの豊富まで語った。

【大会・チケット情報】 4・27 GRACHAN実行委員会 「GRACHAN 13」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧