TOP > ニュース 一覧

【タイファイト】大田原兄弟が複数年契約、6・28マカオ大会から参戦

2014/05/27(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲タイで活躍する17歳の大田原友亮(左)と16歳の虎仁(右)兄弟

 6月28日(土・現地時間)マカオで開催される『THAI FIGHT WORLD BATTLE ASIA VS EUROPE』に、タイで活躍する大田原友亮・虎仁(B-FAMILY NEO)兄弟が揃って出場することが決定した。

 THAI FIGHTは“立ち技最強格闘技”として知られるタイの国技、ムエタイをより多くの人々にエンターテインメントとして広めることを目的としたビッグイベントであり、これまでにフランス、中国、タイ、アメリカなどで開催。日本大会は2011年8月7日に開催された。

 大田原兄弟はTHAI FIGHTと複数年契約を結び、今後はTHAI FIGHTの主力選手として定期参戦。その他、今大会にはヨーセングライ・フェアテックス、スッサコーン・ソー・クリンミーといったムエタイトップファイターも参戦する。

 なお、友亮は6月15日(日)東京・ディファ有明で開催されるM-FIGHT SUK WEERASAKRECK興行で優勝賞金200万円ワンデートーナメントに出場するが、「試合をした2日後に連戦したことがあるので問題ありません」と特に問題はないという。以下、大田原友亮・虎仁のコメント。

大田原友亮
「今回契約したのはタイのお父さん(エクシンディコンジム会長)と日本にいるチャイさん(タイ人プロモーター)に恩返ししようと思い、契約しました。ムエタイでもタイに住み込みながらきちんと実績を作れば生活できます。これからムエタイをやりたい子供たちの目標になれるよう、僕は試合をこなし来年にはルンピニーのタイトル戦を日本ではなくタイでやり、チャンピオンになりたいです。そのためにもまずタイファイトでも有名になりアピールします」

大田原虎仁
「僕の出場は兄のおまけみたいなものですが(笑)、頑張って結果を出し、兄を倒したいと思います。タイもまだ情勢不安でいつ試合があるかわからないので、海外での試合に重点をおいて来年あたりにラジャダムナンかルンピニースタジアムのランキングに入りたいです」

THAI FIGHT
「THAI FIGHT WORLD BATTLE ASIA VS EUROPE」
2014年6月28日(土・現地時間)マカオ

<出場決定選手>
大田原友亮(=ユウ・ウォーワンチャイ/B-FAMILY NEO/UKFインターナショナルフライ級王者)
大田原虎仁(=トラ・ウォーワンチャイ/B-FAMILY NEO/TRIBELATEスーパーフライ級王者)
ヨーセングライ・フェアテックス(タイ)
スッサコーン・ソー・クリンミー(タイ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧