TOP > ニュース 一覧

【ムエタイ】天才ムエタイ少女、史上最大女子ムエタイ大会に出陣

2014/07/22(火)UP

 8月12日(火・現地時間)タイ・バンコクで開催される史上最大規模の女子ムエタイ大会『タイ王妃生誕記念イベント クイーンズカップ』に元WPMF女子世界ピン級王者・伊藤紗弥(尚武会)が出場することが決定した。

 伊藤は4歳でキックボクシングを始め、ほぼ男子を相手に40勝以上、ジュニアタイトル4階級制覇を成し遂げた“天才ムエタイ少女”。国内プロデビュー2戦目となった5月18日の元J-GIRLSミニフライ級王者・田嶋はるとの一戦では僅差の判定で敗れ、7月のJ-GIRLSミニフライ級王者・紅絹との一戦はドローに終わった。伊藤はタイで復活の狼煙を上げるか。なお、同大会にはWPMF40kg級、BOM32.5kg級など数々のジュニアタイトルを持つ12歳の吉成名高(チューティムエタイジム)も参戦。吉成は昨年もクィーンズカップに出場しタイ人に勝利し、表彰されている。

 また、佐々木蝶里、佐々木雄汰(ともに尚武会)の兄弟もタイ出陣。弟・雄汰は、ジュニアのリングで活躍し、M-1の30kg・40kg・45kg、MA日本キックの32kg・40kg、BIGBANGの40kg、BOMの35kg級の王座を獲得している七冠王。アマチュア時代の戦績69戦45勝19敗5分のほか、タイでも試合を重ね、戦績は9戦7勝2敗の好成績を残している。今回は、2月に移転した新ルンピニースタジアムで7月26日(土・現地時間)に開催されるスック・ペッティンディー興行に出場する。

 そして姉・蝶里は27日(日・現地時間)バンコク郊外にて試合を行う。なお、同日同所では中島将吾、小宮山怜虎、花岡竜の尚武会ジュニア勢もジュニアファィトに出場する。

協力:ロンポージム バンコクタイランド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧