TOP > ニュース 一覧

【BLADE】小宮山「自分はライオン、他の選手はエサ」

2014/12/28(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲国内のトップファイター&海外からの招聘選手が集結し、明日のゴングを待つのみ

 12月29日(火)東京・大田区総合体育館で開催される『BLADE.1 -BLADE FIGHTHING CHAMPIONSHIP- BLADE FC JAPAN -61kg』の計量と記者会見が、28日(日)同会場で行われた。

 まず「JAPAN CUP -61kgトーナメント」の計量から始まり、リザーブファイトまで含め10名の選手が全員クリア。

▲表情を変えないヤスユキ(左)と睨みつける小宮山(右)

 1回戦最大の注目カード、RISEスーパーライト級王者・小宮山工介(北斗会館)vsREBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級王者・ヤスユキ(Dropout)は、計量時から対象的だった。

 ややピリピリモードの小宮山は、計量後の会見で「自分がライオンだとしたら、他の選手はエサにしか見えない。KOシーンをバンバン作ります」と宣言。一方、感情を表に出さないヤスユキは「明日は見ている人が“相手の選手は調子が悪いのかな?”と感じるような試合をします」と、いつものヤスユキ節を展開した。

▲長島☆自演乙(左)と日菜太(右)がついに初対決

 Super Fight(ワンマッチ)で注目が集まるのは、70kg契約で行われるK-1 WORLD MAX2010日本トーナメント王者・長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)vs初代REBELS 70kg級王者・日菜太(クロスポイント吉祥寺)の初対決。

 両者ともに計量を一発でクリアしたが、長島はいつものコスプレではなくジャージ姿だ。会見では「コスチュームを忘れてしまいました。これから大阪に取りに帰ります」とジョークを飛ばしたものの、表情はすでに決戦モード。

 唯一、開始時間に遅れたキム・ジンミン(那須川天心と対戦)も、到着後すぐに計量に臨みクリア。全ファイターがコンディション良好をアピールしている。
【関連動画】ヤスユキが王座獲得、日菜太が韓国人ファイターと対戦

【大会・チケット情報】 12・29 BLADE大会実行委員会 「BLADE 1-BLADE FIGHTING CHAMPIONSHIP-BLADE FC JAPAN -61kg」
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧