TOP > ニュース

【K-1】中島「過去のK-1を超えられる」

2015/05/08(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲中島は2010年のK-1 70kgトーナメントで準優勝。今度こそ制覇なるか

 7月4日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『K-1 WORLD GP IN JAPAN』にて、-70kg初代王座決定トーナメントに出場するKrush-70kg級王者・中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット)のコメントが主催者を通じて届いた。

 2011年9月以来、約4年ぶりのK-1参戦となる中島は「やっときたかという気持ち」だったという。「今回のトーナメントには強い外国人選手たちが出てくるので、自分がどのくらい強くなっているのかを試せるし、1回戦から強い外国人選手と戦えるので、5年前とは全然違う自分を見せられると思います」と意気込む。

 さらに中島は、「以前K-1に出ていた時はパンチのイメージが強かったと思いますが、今はなんでも出来るスタイルになって、5年前よりも確実に強くなっています。ずっとK-1を見ている人には自分の変わった姿を見せたいです。また新しくK-1を見るようになった人たちには、みんなを熱狂させるような試合を見せたい。そういう試合を続けていけば、過去のK-1を超えられると思います」と、K-1を引っ張る意識もある。

 1回戦で対戦するサニー・ダルベック(スウェーデン)はYOKKAO世界-70kg王者など計3本のベルトを持ち、佐藤嘉洋を2度KOしている実力者。

 中島は「佐藤選手を2回KOしているので普通に強い選手だと思います。全体的に何でも出来る選手ですし、特に左ストレートには気をつけています。アグレッシブで激しい試合になると予想しています」とし、「今の目標はK-1のチャンピオンになることなので絶対に勝つと決めています。キツイ試合もあると思いますが、絶対に自分がチャンピオンになれるように勝って行きます」と優勝することを誓った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース