TOP > ニュース 一覧

【全空連】植草歩、驚異の下半身強化で世界制覇へ

2016/01/07(木)UP

スピードのある突きは鍛え抜かれた下半身から生まれる

 1月7日、高栄警備保障空手道部の初稽古が行われ、昨年12月、全日本初優勝を果たした空手界のきゃりぱみゅこと植草歩(23=高栄警備)が参加し、基本、移動、ミット打ち、組手、型など約1時間汗を流した。

 練習では得意の中段突きを多く決めていたが、植草の中段突きは強靭な下半身の瞬発力で素早く相手の懐に飛び込むのが特徴。ウエストは細いが太ももは太くラグビー選手並みに発達している。 

低く深く素早く入る植草の中段突き

 昨年から帝京大学ラグビー部の先生から下半身の瞬発力を上げる強化トレーニングの指導を受けているといい、今年も継続して続けるという。またウェイトトレーニングも取り入れており今年の目標を聞くと「フルスクワットで100kg挙がるんですが120kg挙げたいです。ハイクリーンは70kgなので80kgまで挙げていきたい」と65kgの体重ながら女子では規格外のパワーを誇る。
 
 4月までは体作りを中心とし5月から各大会に出場していく。大会での目標は今年10月のオーストリアで開催される世界空手道選手権大会で優勝すること。これまでは3位が最高位。

 今年8月には空手が東京五輪の種目としての正式決定が控えている。決定した場合は金メダル候補として注目される存在だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧