TOP > ニュース 一覧

【ROAD FC】優勝賞金9千万円トーナメント開催、日本人選手もエントリーか

2016/01/08(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

年末に開催された「RIZIN」では賞金総額1億円ヘビー級トーナメントが行われ、優勝したモーは4千万円の賞金を手にした

 韓国のMMA(総合格闘技)団体『ROAD FC』は、2016年後半に優勝賞金10億ウォン(840,000USドル=約9000万円/1月8日現在)という高額なトーナメントを開催することを発表した。

 12月29・31日にさいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015』では、賞金総額1億円のヘビー級トーナメントが開催され、キング・モー(アメリカ)が優勝した。

 今回のトーナメントはヘビー級ではなく、バンタム級(-61.2kg)またはフライ級(-56.7kg)で開催する計画だという。この階級では日本人選手も多くROAD FCに参戦しており、ROAD FCは「世界で最高のMMAファイターたちはこのトーナメントに参加したいと思うでしょう」としていることから、日本人選手がエントリーする可能性が高そうだ。

ROAD FC初参戦で大きなインパクトを残している根津(左)にチャンスは訪れるか

 特に修斗環太平洋フェザー級王者・根津優太(和術慧舟會東京道場)は昨年8月にROAD FCへ初参戦し、1Rわずか21秒でTKO勝ちするインパクトを残していることから、トーナメント出場に最も近い日本人選手だと思われる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧