TOP > ニュース 一覧

【巌流島】カマキリ拳法の達人が参戦、喧嘩術と一騎打ち

2016/01/28(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

蟷螂拳を披露する瀬戸。蟷螂拳、長拳以外にも様々な中国拳法をマスターしているという

 3月25日(金)東京・TDCホールで開催される『巌流島 STARTING OVER 公開検証3』の記者会見が、1月28日(木)都内にて行われた。

 今大会ではトーナメントではなく、巌流島ルールによるワンマッチ全8~9試合が行われる。巌流島ルールは囲むロープがない円形の舞台で、MMA(総合格闘技)ルールから寝技での関節・絞め技を禁止にしたもの。また、試合場から先に3回落ちた方が負けとなる。

 この試合にモンゴル相撲、セネガル相撲、インドの武術シラット、沖縄空手、総合格闘技などの選手が名乗りをあげたが、中でも注目されるのは中国拳法の達人の参戦だ。

 瀬戸信介は幼少よりブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーなどのカンフー映画スターに憧れ、中国武術を学んできた。嵩山少林寺の武術学校でも修行を積んだ後、武術家としての強さを求めこれまで空手、テコンドー、ムエタイ、ミャンマー・ラウェイなど他流試合にも数多く挑戦。

 会見では蟷螂拳(とうろうけん=通称カマキリ拳法)、長拳の型を披露した瀬戸は「中国武術代表の瀬戸です。試合をするからには蟷螂拳の爪あとを残したい」と宣言した。

 対戦相手は喧嘩術を研究する士心館の門下生で、新空手で優勝経験もある井本雅之に決まった。

●編集部オススメ記事
・復活・田村潔司が秒殺一本勝ち
・レスリング全日本王者・岡倫之が圧勝
・実験検証道場マッチで激闘続出
・8つの異種格闘技でキックボクサー優勝 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧