TOP > ニュース 一覧

【NJKF】健太、笹谷を「メチャクチャにしてやる」

2016/02/16(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

4連勝でナルシストっぷりも絶好調の健太

 2月21日(日)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2016 1st』にて、元J-NETWORKウェルター級王者・笹谷淳(TANG TANG FIGHT CLUB)と対戦する元WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者・健太(E.S.G)のコメントが主催者を通じて届いた。

 健太は昨年2月まで破竹の8連勝を飾っていたが、3月のゲーオ戦、5月の大和侑也戦、7月のダニロ・ザノリニ戦と好試合を演じながら3連敗。しかし、9月のセイサック戦でTKO勝ちしたのを皮切りに、今年1月には中国で勝利を収めて4連勝と再び勢いに乗っている。

「中国は今凄く(キックが)盛り上がっていて、テレビ中継があったり、演出も豪華だったりとよかったです。試合は正直アウェーなのでダウンを取るかKOじゃないと勝てないと思っていたんですが、いつも通りの微妙な感じの僅差で(苦笑)。まともに公正なジャッジをして頂けました」と、中国での試合を振り返る健太。

前回はフルラウンドの激闘となった笹谷戦

 笹谷とは2014年7月に対戦し、この時は健太が判定3-0で勝利を収めている。今回は再戦となるが、なかなかモチベーションが上がらないところがあったという。

「11月の試合でJ-NETWORKの現チャンピオン(栄基)にいい形で勝っているので、正直その下位の選手が相手でモチベーションが上がらない部分はありました。

 僕はWBCのベルトに思い入れがあって、今はいろんな団体があって王者がいっぱいいますが、その中で僕はチャンピオンたちと戦って勝った上でWBCの王座に挑戦したい。そこでベルトを獲れば正真正銘、日本一のベルトとして価値が上がるんじゃないかっていう思いが自分の中であるんです。

 その中で一度勝った相手ですし、前回現チャンピオンに勝っているのに……っていう思いが当初はあったのですが、今はもう持ち前の切り替え上手なところを発揮してめちゃくちゃモチベーションが上がっています」

 では、そのモチベーションとは何か。

「1年半前にやった相手とまたやるっていうことでシチュエーションは前回の栄基戦と一緒ですが、2人に与えられた平等な時間の中で、僕の方が圧倒的に強くなったことを確かめるいい物差しになる。“メチャクチャにしてやろう”っていうのが今回のモチベーションです。

 前回は勝つには勝ちましたけど判定でパッとしなかったっていうのがあるので、今回はメチャクチャにして栄基戦のような勝ち方(3度倒して初回KO)をしたいっていうのが今の気持ちです。今年は職業キックボクサーとして堂々と生きられるよう、一定の評価を得るまで頑張ろうっていうのがテーマ。そのためにはまずWBCの日本タイトルを獲らないと何も始まらないので、“挑戦者は僕で文句ないでしょ”ぐらいの感じで行きたいと思います」と、その先にWBC日本統一王座を見据えている。

【試合動画】
・健太がゲーオをピンチに追い込む
・健太vsMA日本王者・為房
・健太がJ-NETWORK王者・栄基をKO
・健太vs大和侑也のダウン応酬大激闘

【大会・チケット情報】 2・21 ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2016 1st」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧