TOP > ニュース 一覧

【K-1】今年は倒せる野杁正明「全員一撃KO出来る技を用意した」

2016/02/18(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鋭く重いミドルキックでジム内に快音を響かせた野杁

 3月4日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント』にて、一回戦で木村“フィリップ”ミノル(Fighting Kairos/マイウェイジム)と対戦する第2代Krush -67kg王者・野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)が2月18日(木)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

 2分のシャドーとミット打ちを行った野杁は、ミドルキックでジム内に快音を響かせた。

「久しぶりのトーナメント(2013年5月のGLORY以来)なので練習方法を自分で考えてやっています。1回戦から決勝まで、3Rフルでやって延長戦になっても動けるようにスタミナ強化と一発で倒せる練習をしています」と野杁。

「理想を言えば全試合1RでKOしたい」とぶっちぎりでの優勝を目論む野杁。「最近KOがないのは事実なので、トーナメントで圧倒的な差を見せて、倒せる姿を見せたい。どの技でも倒せるように磨きがかかっている。特にパンチの調子がいいので、パンチが当たれば倒せると思う」とKOを意識し、「一撃で当たれば倒せる技をいくつか用意しているので当日をお楽しみに」と、“倒せる野杁”を見せるつもりだ。

 1回戦で対戦する木村については、「一発もらえば効いてしまうから一発を警戒しているが、もらわなければいいだけ。僕が完封して倒します」と言い、木村のみならず「どの選手が上がって来てもこの一撃が当たれば倒せる技を全選手用に用意した。プランは完璧に出来上がっている」と、全選手の研究をしてそれぞれにKOするための策があるという。

 最近では、出稽古に訪れたUFCファイターの菊野克紀ともスパーリングをしていた。「独特なリズムだし、一発もある。勉強になることがいっぱいありました。いい経験になりました」

 トーナメントに出場する7人のうち5人に勝っていることから、モチベーションが気になるところだが「いつもと変わらない」と野杁は言う。

「ここで優勝できなかったら今まで何をして来たのかと思う。僕はここでつまづいている立場じゃない。まだ世界トーナメントで優勝したことがないので、今年こそは世界を獲りたいと思う」と、日本トーナメントを制して世界を制覇すると目標を掲げた。

【大会・チケット情報】 3・4 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~-65kg日本代表決定トーナメント~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧