TOP > ニュース 一覧

【ZST】ホープ田村淳が修斗世界ランカーに挑む

2016/02/20(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

修斗世界フライ級2位のベテラン正城(左)にZST期待のホープ田村(右)が挑む

 4月17日(日)東京・新宿FACEにて開催される『ZST.51』の記者会見が、2月20日(土)都内にて行われた。今大会は昼夜興行として行われ、昼は『ZST.50』が開催される。

 正城ユウキ(X-ONE GYM湘南)がZSTに2度目の参戦を果たし、田村淳(拳心會)と対戦する。正城は長く修斗で活躍し、世界バンタム級タイトル戦を経験したほか世界フライ級1位にも登り詰めた。現在も同2位をキープ。ZSTには昨年11月に初参戦し、上原佑介を下している。対する田村は22歳の新鋭で、「昨年大きく成長した期待の新星として対戦相手に選んだ」と上原譲ZST代表。

 正城は「田村選手という強豪と当ててもらって光栄です。若い選手なので勢いに負けず、経験と自分にある勢いをぶつけていきたい。緊張感のある試合になると思う」、田村は「相手はとてもキャリアがあって修斗のトップランカーで、かなり強い選手ですが自分のいつも通りの試合が出来るように頑張りたいと思います」と挨拶。

 お互いの印象については、田村が「いつもあまり(相手のことは)調べないのでよく分かりません。自分はいきなり打撃で行こうと思っています」と相手のことは気にしないと言えば、正城は「自分と同じタイプなので打撃の方が強い、自信を持っているタイプだと思う。そこに気をつけながら自分の土俵に持っていけばと考えています」と評する。

 正城は「修斗ではランキングや王座に固執してしまいがちだった。ZSTはそこをなしにして自由に戦える場所、ノビノビとした気持ちで試合が出来ます」と言い、「自分もデビューしたての頃はベテランに挑んでいて、それを経て今は逆の立場になったことを認識しています。でも自分の中では攻める、チャレンジする気持ちでいます」と、ベテランでありながら新天地での挑戦にやる気十分。

 昨年8月の『ZST.47』では、正城が育てた二之宮徳昭を田村が1RでKOしており、田村は「昨年は勝ち進んでVTJにも出させてもらったので、今年も勝ち進みたい」と正城を破ってさらに弾みをつけたいという。正城は「1試合1試合思い残すことのないように全力で、自分が納得できる試合がしたい。そして結果と内容を残して今年はたくさん試合がしたい」と、同じく弾みをつけたいと語った。勝って、前へ進むのはどっちだ。

<追加決定カード>
▼フライ級
正城ユウキ(X-ONE GYM湘南/修斗世界フライ級2位)
vs
田村 淳(拳心會)

●編集部オススメ記事
・現修斗世界フライ級王者のび太とも対戦している正城
・シュートボクシングルールにも挑んだ田村

【大会・チケット情報】 4・17 ZST実行委員会/ZSTインターナショナル 「ZST.51」
  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧