TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】大和哲也らキックの試合はヒジあり検討

2016/03/25(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

大和哲也がRIZINキックルールで参戦。相手は強打者・山口だけにKO決着は必至

 4月17日(日)愛知・日本ガイシホールで開催される『RIZIN.1』の記者会見が、3月24日(木)都内で行われた。

 今大会ではキックボクシングルールの試合が3試合組まれ、愛知県をホームにする元WBCムエタイ世界スーパーライト級王者・大和哲也(大和ジム)、RISEウェルター級王者ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場)、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・悠矢(大和ジム)が参戦。

 今回、キックの試合を組んだ理由を榊原信行・RIZIN実行委員長は次のように語る。

「せっかく名古屋で大規模の格闘技イベントを開催するので、彼らも一緒のリングで名古屋大会を盛り上げられればと思い、大和哲也選手は参戦も熱望してくれました。彼らが次の世代へ向けてどういう生き様を見せられるか。それをRIZINが名古屋でやるのに多くの人に見せられないのは残念なので組みました」

「首相撲あり、ヒジ打ちありの方が好き」と榊原実行委員長

 また、ルールについては「最終調整中」だが、「僕は首相撲、ヒジ打ち、全てがあった方が好き。激しいルールにしたいと思っています。どの選手たちもガンガン行く選手です。選手の才能が生きるルールにしたいと思っています」と、純キックルールを採用する可能性があるとしている。

 大和の対戦相手・山口裕人(山口道場)は、18勝のうち12勝がKO勝利の強打者。2012年のKrush YOUTH GP -63kgトーナメントでは木村“フィリップ”ミノルを左フックでKOしたことも。現INNOVATION スーパーライト級王者。強打の大和とはKO決着必至か。

常に激闘を繰り広げる悠矢(右)

 ザノリニの対戦相手・網本規久はテコンドーをバックボーンに持ち、西日本大会や全日本大会で優勝、戦績は50戦44勝だという。MMA(総合格闘技)の試合経験もある。同じく蹴り技を得意とするダニロとは蹴り勝負となるか。

 悠矢の対戦相手・祐毅(Team FreeStyle)はDEEP☆KICK 60kg級3位で、ガムシャラに前へ出て倒すか倒されるかのアグレッシブな試合をするのが身上。“激闘派”の悠矢とは激しい試合が期待できる。

【試合動画】大和哲也がTKO勝ちでWBCムエタイ世界王座奪取 
【試合動画】大和哲也、世界タイトル前哨戦でTKO勝ち
【試合動画】2014年最高峰の名勝負、大和哲也vs野杁正明
【試合動画】悠矢vs町田光の王者対決
【試合動画】悠矢vs野辺広大の大激闘 
【試合動画】ザノリニがKOでHEAT王座6度目の防衛に成功
【試合動画】ザノリニがKOでISKA世界タイトル獲得 

【大会・チケット情報】 4・17 RIZIN FF事務局 「RIZIN.1」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧