TOP > ニュース 一覧

【WFL】アンディ・サワー次戦はMMAではなくキック

2016/03/28(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RIZINではなくオランダでキックボクシングの試合に出場することになったサワー

 4月3日(日・現地時間)オランダで開催されるキックボクシング大会『WORLD FIGHTING LEAGUE』(WFL)に、アンディ・サワー(オランダ)の出場が決まった。

 サワーは昨年の大みそか『RIZIN』でMMA(総合格闘技)デビューを果たし、長島☆自演乙☆雄一郎をKO。4月17日(日)愛知・日本ガイシホールで開催される『RIZIN.1』にて第2戦を行う予定と発表され、サワー自身も「もうキックボクシングは十分にやったのでMMAとシュートボクシングに専念したい」とコメントしていたが、オランダが誇るこのスーパースターをキック界が放っておかなかったようだ。

 サワーは今回、モハメド・カマル(オランダ/モロッコ)と対戦。カマルは2010年のK-1 WORLD MAXヨーロッパ予選を制し、同年のK-1 WORLD MAX世界トーナメントに出場。準々決勝へ進出している。ロビン・ヴァン・ロスマーレンやアルトゥール・キシェンコからも勝利を収めている強豪選手である。

 同大会には現在K-1で活躍するマサロ・グランダーがワンマッチで出場するほか、75kg級とヘビー級の4人トーナメントが行われる。

●編集部オススメ記事
・サワーがMMAデビュー戦をKO勝利で飾る
・RIZIN参戦前のサワーが元修斗世界王者破る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧