TOP > ニュース

【UFC】ヘビー級新王者ミオシッチ、本業は消防士

2016/05/17(火)UP

UFC世界ヘビー級の新王者となったスティペ・ミオシッチ(左) PHOTO=Zuffa, LLC (c) / GettyImages (c)

 5月14日(土・現地時間)ブラジル・パラナ州クリチバで開催された『UFC 198』ヘビー級タイトルマッチにて、ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)を破り新王者となったスティペ・ミオシッチ(アメリカ)。世界最大の総合格闘技団体の現役トップファイターでありながら、消防士と救急医療隊員というもう一つの顔を持つ。

 ミオシッチは大学卒業後、消防士と救急医療隊員として働くかたわら、アマチュア格闘家として大会に出場。2010年にプロデビューを果たしたが、その後もこの2つの仕事を続けている。現在は、オハイオ州北部のカヤホガ群にあるオークウッドとバリービューという2つの町の消防署で、パートタイマーとして勤務する。

 アメリカメディアのインタビューでは、「俺は自分の仕事が好きだね。とても楽しいよ」と話し、ミオシッチは今のライフスタイルに満足している様子。事前に1カ月の勤務日程を決め、日中は消防署で勤務し、夜からトレーニングを行っているようだ。

 アメリカでは、消防士という職業は非常に人気が高く、社会的なステータスも高いと言われている。アメリカ経済誌フォーブスのまとめによると、消防士は子どもがなりたい職業ランキングの中でスポーツ選手に次ぐ人気だ。

 また、消防士は災害から人命を守るために、日々、強靭な肉体を作り上げるトレーニングを欠かさない。UFC選手では他にも、2011年に引退したクリス・ライトル、PRIDEでも活躍したドン・フライなどの往年の名選手も、消防士として働いた経験を持つ。

 ファイヤーファイター(消防士)とMMAファイター(総合格闘家)。同じように命を懸けて戦う職業として、通じる部分があるのかもしれない。

 現在33歳のミオシッチ。今後もこのUFC王者の消防士に注目だ。

●編集部おススメ記事
ヴェウドゥム陥落、ミオシッチがUFCヘビー級新王者に
ヴェウドゥム、一本勝ちでヘビー級王座統一

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース