TOP > ニュース 一覧

【Krush】平本vs佐々木ともに「僕が王者になる」

2016/06/11(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

チャンピオンベルトを前にして「王者になるのは自分」とともに言い放った平本(左)と佐々木(右)。中央は宮田Krushプロデューサー

 6月12日(日)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.66』の公開計量&前日会見が、11日(土)都内にて13:00より行われた。

 ダブルメインイベント第2試合(第10試合)で第4代Krush -63kg王座決定トーナメント決勝戦を争うK-1甲子園2014王者・平本蓮(K-1ジム総本部チームペガサス)と佐々木大蔵(K-1ジム・チームドラゴン)は、ともに63.0kgのリミットちょうどで計量をパスした。

 明日はプロとして初めてのベルトがかかった試合となる平本だが「僕はこのトーナメントが始まった時から自分が暫定王者だと思っている。だから明日、僕が勝って正規王者になる」と自信たっぷりにコメントし、「明日はチャンピオンとしての僕がスタートする日です」と力強く宣言した。

 対する佐々木は「明日は僕がチャンピオンになる日。それだけです。トーナメントが始まって今までやってきたことを全部ぶつける」と、平本とは対照的に短い言葉で王座奪取を誓った。

初代Krush -53kg王座を争う武居(左)と上羽(右)

 またダブルメインイベント第1試合(第9試合)で初代Krush -53kg王座決定トーナメント決勝戦を争う武居由樹(POWER OF DREAM)と上羽優希(Desperado.TSK japan)も会見。

 それぞれ「明日は10代最後の試合。10代で必ずチャンピオンになる」(武居)、「この試合は自分のキャリアの中で最も大事な試合。何としてでもベルトを獲る」(上羽)と王座への想い入れを語っている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧