TOP > ニュース

【UFC】桜庭和志が日本人初の名誉の殿堂入り

2017/06/04(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

世界的にも人気があり、まさにMMAのパイオニアである桜庭が日本人初の殿堂入りを果たした

 6月3日(土・現地時間)ブラジル・リオデジャネイロ・ジュネス・アリーナで開催された『UFC 212』のペイパービュー(有料放送)内にて、桜庭和志がUFCの殿堂入りすることが発表された。同殿堂入りした日本人選手は史上初。

 桜庭は1997年12月21日に日本で初開催された『UFC JAPAN』に出場。欠場した金原弘光の代わりにヘビー級トーナメントにエントリーし、1回戦でマーカス・コナン・シウヴェイラに敗れるもレフェリーの誤審だったことから再試合に。また、もうひとつの1回戦を勝ち上がったタンク・アボットが棄権したため、コナンとの再試合がトーナメント決勝戦として行われた。その結果、桜庭が腕十字で一本勝ちを収め、日本人初のUFCトーナメント王者となった。

 この試合が桜庭のMMA(総合格闘技)デビュー戦であり、以後はPRIDEで活躍。UFCへの参戦はこの一戦のみだったが、MMAの発展や世界的人気の向上などの貢献度が評価され、今回の殿堂入りとなった。UFCの殿堂にはパイオニア部門、現役選手部門、貢献者部門、試合部門の4つがあり、桜庭はパイオニア部門での受賞となった。

●編集部オススメ記事
・RIZIN旗揚げ戦では青木真也と対戦した桜庭
・RIZINではヴァンダレイ・シウバとタッグで対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース