TOP > ニュース

【RIZIN】2018年は5月福岡大会から年間6大会を予定

2018/01/01(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

2018年の開催予定を発表した榊原実行委員長

 2017年12月29日(金)31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の一夜明け会見が、1月1日(月)都内にて行われた。会見には29日と31日に勝利を収めた日本人選手全員が出席(トーナメントは優勝者のみ)。

 会見では榊原信行RIZIN実行委員長が、2018年の大会スケジュールを発表。第一弾大会は5月6日(日)マリンメッセ福岡にて開催される。福岡での開催は2016年10月に続いて2回目。

 その後は「最終的なプランはこれからだが、7月末、9月末、12月末にさいたまスーパーアリーナ、8月に名古屋か大阪、10月から11月にかけて海外(アメリカか中国)で大会をやりたいと思っています。海外はまだ調整中ですが、最低その回数はやります」と、5月までは間が空くが、その後に4~5大会を予定しているという。

一夜明け会見は、バンタム級トーナメントで優勝した堀口恭司の音頭でファンと共に乾杯でスタート

 5月まで間が空く理由は「ファンがRIZINを見たいな、という“溜め”があった方がいい。こちらとしても準備をさせて欲しい。PRIDEは大会に追われてソフトを溜める時間がなくなった。プロモーションをしたり、溜めを作って待ち遠しいと思ってもらえる時間を作って、年間5~6大会でいいと思います」(榊原実行委員長)とのこと。また、海外へ視察に行って選手の発掘や各国のMMA(総合格闘技)プロモーションとの協力関係を結ぶなどのほか、RIZINを組織として強化するための期間だという。

 毎年恒例となっている「WORLD GRAND-PRIX」については男女ともにどの階級で行うかは検討中だが、今年はやらずに「WORLD GRAND-PRIX」に出場する選手を育てる期間にあてるプランもある。

 また、2015年の旗揚げ戦から年末は29日と31日の2日間で行ってきたが、今年は31日の大みそか開催のみに絞りたい、との発表もあった。

●編集部オススメ

・【RIZIN】全試合結果=2017年12月29日

・【RIZIN】全試合結果=2017年12月31日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース