TOP > ニュース

【K-1】年間表彰式で武居由樹がMVP受賞

2018/01/14(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

最優秀選手賞(MVP)を獲得したK-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者・武居由樹(右から2番目)

 1月14日(日)都内にて、K-1 JAPAN GROUP初の年間表彰式「K-1 AWARDS(アウォーズ)2017」が開催された。

 これはK-1 JAPAN GROUPが2017年に開催したプロ大会『K-1 WORLD GP』『Krush』『KHAOS』と、『K-1アマチュア大会』の全ての出場選手と全試合を対象に、ファン投票も選考基準の一つとしてK-1実行委員会が受賞者を決定するというもの。

 最優秀選手賞(MVP)はK-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者・武居由樹(POWER OF DREAM)が選ばれた。武居は昨年4月の第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントで優勝しK-1王座を獲得。その後、9月の伊澤波人戦、11月のビクトー・サラビア戦で2連続KO勝ち。
 主催者による選考理由によると「K-1最軽量級ながらKO勝利を重ね、K-1らしい倒す試合を続け、1年でK-1を代表するチャンピオンに成長。足立区の成人式ではあいさつ、足立区長を表敬訪問し、フジテレビで放映された『ザ・ノンフィクション 足立区 悪ガキ伝説~7年 のキセキ~』に取り上げられるなど、K-1オブ・ザ・イヤーにふさわしい活躍を見せたこと」がMVP獲得につながった。

昨年11月、ビクトー・サラビアに1RKO勝ちした武居

 プレゼンターを務めた魔裟斗は「毎回毎回、感心させられる凄い試合をしていると思います。武居くんは武尊くんと一緒に昨年の1年のK-1を盛り上げてくれたと思います。今年もさらにK-1を盛り上げられるように頑張って下さい」と激励。

 MVPを獲得した武居は「このまま僕は何も選ばれないと思っていたら、まさかMVPをいただけると思っていませんでした。この賞を獲れたのは古川(誠一)会長、一緒に練習しているジムのみんな、応援してくれる皆様のおかげです。今年はいい試合をして来年もまたいい賞がもらえるよう頑張ります」とあいさつした。

 なお、武居は3月21日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』に出場することが決定している。

<その他の受賞者>
殊勲賞 郷州征宜(K-1ジム総本部チームペガサス)
敢闘賞 平本蓮(K-1ジム総本部)
技能賞 大和哲也(大和ジム)
ベストKO賞 瑠輝也(TRY HARD GYM)
新人賞 椿原龍矢(月心会チーム侍)
ベスト・オブ・エンターテイナー賞 城戸康裕(谷山ジム)
ベストトレーナー賞 ジャオ・シージェ(中国)
ベストジム賞プロ部門 K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST
ベストジム賞アマチュア部門 K-1ジム総本部
アマチュア最優秀選手賞 山浦力也(K-1ジム北斗会館)

●編集部オススメ

・武居が武尊と激闘演じたサラビアに初回KO勝ち

・20歳の新王者誕生、武居が久保に完封勝利して優勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース