TOP > ニュース

【シュートボクシング】殴り込みをかけるRISE王者・不可思「1Rから暴れてぶっ倒しに行く」

2018/03/27(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

SBに参戦するRISEライト級王者・不可思。エースの海人と頂上決戦

 4月1日(日)東京・後楽園ホールで開催される『SHOOT BOXING 2018 act.2』のメインイベントで、シュートボクシング(以下SB)日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)と対戦するRISEライト級王者・不可思(クロスポイント吉祥寺 REBELS)のコメントが主催者を通じて届いた。

 現在「KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級トーナメント」に参戦中の不可思は、1回戦で接戦の末に健太を降し、準決勝を控える身。「周りには『何でここでSBに出るの?』という人もいますが、SBでノリに乗っている海人選手とやると絶対に面白い」とプロとしての嗅覚で参戦を決めたという。そして「トーナメント参戦途中で負けられないプレッシャーはありますが、気にしないでやろうと、思い切りやります」と胸中を語る。

 海人に関しては「去年に怪物君(=鈴木博昭)をヒジで斬って勝ったあたりぐらいから、何となくどこかのタイミングでやるんじゃないかとは思っていました」と対戦の予感があったといい、「力があるわけではなく、凄く綺麗な戦いをして身体の使い方がうまい印象があります」とコメント。

2016年6月のSB初参戦では、アンディ・サワーの推薦選手カラバスをハイキックでKOした

 昨年から鈴木博昭、宮越慶二郎、憂也、健太、タップロン・ハーデスワークアウトと次々に強豪を破り絶好調の海人だが、不可思は「ヒジがうまいですよね。僕がガツガツ前に出るタイプなのでヒジを狙ってくるだろうなと。昨年6月にKNOCK OUTで勝次選手に負けてからは僕はうまく戦うことを意識していることでダウンはなく連勝していますが、思いっきり爆発しているような試合をしていない感覚がずっとあったので、今回は1Rから暴れる感じでぶっ倒しに行こうと思ってます」と激闘を宣言する。

 その上で「向こうはホームリングでSB王者として絶対に負けられない戦いになると思います。僕もRISEの名前を背負って戦うことに変わりはありません」と王者対決に気合いを見せ、「KNOCK OUTとは違う不可思を見せますので楽しみにしてて下さい」とファンにメッセージを送った。

【大会・チケット情報】 4・1 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2018 act.2」

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】不可思が大接戦の末、健太を振り切る

・【KNOCK OUT】大善戦の金原を不可思が徹底したローで振り切る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース