TOP > ニュース

【K-1】第2代フェザー級王者・村越優汰、武尊とは「階級を上げてでもやります」

2018/06/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

リラックスした表情で話す村越

 6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第2代フェザー級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、18日(月)都内にて行われた。
 
 過酷なワンデートーナメントで優勝し、第2代K-1 WORLD GPフェザー級王者となった村越優汰(23=湘南格闘クラブ)が会見に出席。

高身長で手足の長いマムーディ(右)に苦戦した村越(左)

 村越は「昨日は凄く過酷な一日でした。1回戦の(エリアス・)マムーディ選手は、やる前からリーチがあってやり辛いと思っていましたが、やってみたら思っていた以上にやり辛かったです。手足が凄く長くて普通なら届かないような距離でも届いてきました。
 
 準決勝の(ジョージ・)バレラ選手はパンチの爆発力と伸びが凄くありました。両方とも楽な戦いではなかったですし、2試合とも延長までいったのでかなり疲れました」と延長戦を2試合、1回戦と準決勝だけで合計8Rに及んだ昨日の激闘を振り返る。

村越(右)の三日月蹴りでバレラ(左)の身体がくの字に曲がる

 1回戦、準決勝と両方でダウンを奪われる厳しい試合展開となったが「ダウンを取られても焦らずやろうと決めていましたし、自分にはベルトしか見えていなかったので、その気持ちが出ましたね。自分が考えていた一番のイメージはKOで勝ち進む事だったのですが、真逆になってしまいました」と笑った。
 
 決勝戦では、3月に行われたKrushフェザー級タイトルマッチで敗れている西京春馬へのリベンジに成功した村越。しかし、西京の両足がつった事によるドクターストップという決着だったため「いつか、しっかりケリを付けても良いかなと思いますが、次やったら勝つ自信しか無いです」と、西京との三度目の対戦があったとしても、勝つ自信満々だという。

村越(右)は決勝で西京(左)にリベンジして優勝

 昨年12月からK-1に参戦し、村越自身「ベルトを獲らないとK-1に来た意味が無い」と発言するなど、K-1のベルト獲得を最大の目標にしていた。初参戦から約半年で目標を達成した事については「わりと早い段階でベルトを獲れたのかな、と思います。でも、このトーナメントでベルトを獲ると決めていたので(獲って)当たり前な感じですね」と冷静なコメント。

 また、昨日、優勝後のマイクアピールで一階級上のK-1スーパーフェザー級王者・武尊へ挑戦表明した村越だが、一夜明けて「優勝して熱くなって言っちゃったんですけど(笑)。勿論、武尊選手は本当に凄く強い選手だと思ので、いずれはやりたいです。(武尊と戦うとしたら階級は?)自分は上げてでもやります」と意気込み、武尊戦への想いの強さを感じさせた。
 
 最後に今後の目標を聞かれた村越は「もっとみんなに注目されたいですし、もっと有名になりたいです。(スター願望はある?)勿論ありますね。どんどんメディアの方から話を貰いたいです」と笑顔で答えた。

●編集部オススメ

・決勝戦はまさかの結末、村越優汰が第2代王座に就き武尊に挑戦状

・この大会の全試合結果=2018年6月17日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース