TOP > ニュース

【ONE】日本人18人目、元UFCファイターで元パンクラス王者の徳留一樹が契約

2018/06/26(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

UFC、パンクラスで活躍してきた徳留(右)がONEに参戦決定

 シンガポールを本拠地にアジア最大規模の活動を展開しているMMA(総合格闘技)団体『ONE Championship』(通称ONE)は、新たな日本人ファイターと契約を締結。同大会を放映するインターネットテレビ局AbemaTVより発表された。

 今回契約を結んだのは徳留一樹(31=パラエストラ八王子)。柔道を経て20歳でMMA(総合格闘技)に転向。2007年11月にプロデビューを果たすと、爆発力を誇る打撃で1R決着を連発して注目を集める。2013年からはUFCに参戦し、4戦を行ってパンクラスで国内復帰。2015年11月、北岡悟をKOして第6代パンクラス・ライト級王座に就いた。

 ONE Championship CEOのチャトリ・シットヨートン氏は、「また新たに、日本人ファイターが『ONE Championship』に加わってくれることになりました。徳留選手が強い意志を持って世界最高峰の格闘イベントのドアを叩いてくれたことに感謝します。強烈なKOパワーを秘めた左ストレート、そして『Quintet』(桜庭和志プロデュースの組み技大会)で見せたグラップリングスキルで、徳留選手が『ONE Championship』のトップコンテンダーに上り詰めることを期待しています」とコメント。

「AbemaTV」と「ONE Championship」は20大会以上に渡る放送契約を締結し、ONE側は「1大会あたり2名の日本人選手出場」を保証。これを受けてONE Championship首脳陣とONE日本アドバイザーの長南亮(TRIBE TOKYO M.M.A.代表)、AbemaTVの三者で協議を重ね、新たな参戦候補となる日本人格闘家候補たちをピックアップ、折衝を行っているという。今回契約を結んだ徳留を加えて、ONE Championshipと契約を結んだ日本人選手は合計18人となった。

<契約下にある選手> 17名
内藤のび太(パラエストラ松戸/ONE世界ストロー級王者)
鈴木隼人(BRAVEジム)
渋谷莉孔
竹中大地(パラエストラ和泉)
今成正和(今成柔術/初代&第6代DEEPフェザー級王者)
藤沢彰博(心技道場)
青木真也(フリー/第2代ONE世界ライト級王者)
安藤晃司(NEVERQUIT)
山田哲也(しんわトータルコンバット)
V.V Mei(和術慧舟會GODS /RIKIGYM/Team Teppen)
松嶋こよみ(パンクラスイズム横浜)
和田竜光(フリー/元DEEPフライ級王者)
朴 光哲(KRAZY BEE/初代ONE世界ライト級王者)
下石康太(BLOWS)
長谷川賢(フリー/元DEEPメガトン級王者)
小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺/WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者)※キックボクシング部門
上久保周哉(TRY.H studio) 

●編集部オススメ

・DEEPフライ級王者・和田竜光、パンクラス・ランカー松嶋こよみら4名が契約

・長谷川賢の初参戦が決定、完全アウェーの地で二階級制覇の英雄に挑む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース