TOP > ニュース

【Krush】軍司泰斗に挑戦の金子晃大「無敗のまま強い王者に勝つのがかっこいい」

2018/06/28(木)UP

昨年11月の挑戦者決定戦で元Bigbang王者の出貝にミドルをヒットさせる金子

 6月30日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるキックボクシングイベント『Krush.89』で、Krushバンタム級王者・軍司泰斗(19=K-1ジム総本部チームペガサス)のタイトルに挑戦する金子晃大(21=K-1ジム・シルバーウルフ)の試合直前コメントが主催者を通じて届いた。

 金子は2016年にKrushでプロデビューして以来5連勝中(3KO)。昨年11月、元Bigbangスーパーバンタム級王者・出貝泰佑に判定勝ちし今回のチャンスを掴んだ。

 王者の軍司は2016年のK-1甲子園で優勝し、昨年9月Krushバンタム級王座を獲得。続く12月のK-1と、今年3月の『K’FESTA.1』でも勝利し3連勝。K-1を引っ張る新世代ファイターとして期待される強豪だ。

 金子は軍司の印象を「若くて巧くて、あとは肌が黒いと思いましたね」と笑う。「最近の試合を見ていると前より強くなったなと思う」と若干上からの高評価。

 試合の展開は「軍司選手は前に出てくるスタイルなので僕的にはやりやすいです。相手はパンチが巧いですが、僕もパンチには自信があるので、こっちもパンチでいこうと思います」と、挑戦者ながら受けて立つようなコメント。

挑戦者決定戦後に金子と並んだ軍司(左)は「ベルトにあまり興味ない人に絶対に渡したくない」と発言

 金子にとって初めてのタイトルマッチとなるが「ベルトは何がなんでも獲りたいですね。やっぱりベルトって格闘技の醍醐味だと思うし、何もないまま試合だけやるのは違うかな、みたいな」と、ベルトが懸かるとモチベーションも上がるという。

 ベルトに対する思いは「ベルトを持っていたら、分かりやすいじゃないですか。自分の友達や知り合いでも、格闘技に詳しくない人が多いので『格闘技をやっている』と言っても、あまり反応がないんですよね。でもベルトを持っていたら、格闘家として分かりやすいですよね。“インスタ映え”じゃないけど」と、格闘家の看板としても価値を見出しているようだ。
 
 今回6戦目にして強豪王者との対戦となるが、臆することは「ないですね」ときっぱり。「リングに上がっちゃえば同じじゃないですか、6戦だろうが20戦だろうが。それより僕は無敗のままベルトを獲りたいんですよ。ちょこちょこ負けを挟んでベルトを獲るんじゃなくて、無敗のままベルトを巻きたい」と、無敗にこだわる。

 その理由は「選手の紹介の時に『~勝~敗』と敗けの数まで紹介されるのは…なんか嫌じゃないですか。それより無敗の方がカッコいいし、お客さんも『アイツ無敗でチャンピオンなの?』となるだろうし、名前をコールされたときも『おっ!』っていう空気になりますよね」と、インスタ映えならぬアナウンス映えを狙っているとのこと。

「あと軍司選手は将来的に階級を上げるみたいなことも言っているから、そうなる前に戦って勝ちたい。やっぱり強いと言われている選手に勝ってベルトを巻くのがかっこいいと思います」と、強い王者を倒してこそ価値があると語った。

 ファンに向け「軍司選手はK-1でもいい感じですが、そういう選手を倒して勝てば、自分の力を証明できると思います。今回は1RからKOを狙って勝ちたい」と、30日はあくまで強気にKO勝利を狙うと宣言した。

●編集部オススメ

・元Bigbang王者・出貝にデビュー5戦目の金子が勝利

・初防衛戦に臨む19歳の王者・軍司泰斗が余裕の初回KO宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース