TOP > ニュース

【RIZIN】パンクラスで連続KO勝ちのトム・サントス初参戦、矢地祐介を狙う

2018/07/05(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

前回ハイキックでKO勝ちのクルックシャンク(左)と、パンクラスで連続KO勝ち中のサントス(右)が激突

 7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』の追加対戦カードが発表された。ダロン・クルックシャンク(33=アメリカ)が初参戦のトム・サントス(33=ブラジル)と対戦する。

 クルックシャンクはレスリングとテコンドーをベースに持ち、2009年にMMA(総合格闘技)でプロデビュー。2012年からUFCに参戦し、2016年からはRIZINに戦場を移した。佐々木信治、アンディ・サワーを相手にその強さを見せつけたが、北岡悟には大激闘の末に一本負け。2017年4月には矢地祐介にもTKO負けを喫して連敗。アメリカのローカル大会で復帰戦を行い、今年5月に約1年ぶりのRIZINで修斗世界王者・松本光史にハイキックで一撃KO勝ちを飾った。

キックボクシングの試合にも出場しているサントスの打撃は強烈

 対するサントスは2011年にMMA(総合格闘技)デビューを果たし、ブラジルのローカル団体で活躍。名古屋の格闘技イベント『HEAT』、韓国のMMAイベント『ROAD FC』などに出場し、現在は『パンクラス』を主戦場としている。今年3月にパンクラス・ライト級2位の井上雄策、5月には同級7位の冨樫健一郎をそれぞれパウンドでKO。常にKOを狙うアグレッシブな姿勢で、14戦9勝のうち7戦がKO勝ちだ。

クルックシャンクの必殺ハイキックが再びうなりを上げるか

 クルックシャンクは 「この短い期間でまた日本に戻って来ることが出来てスーパー興奮してるよ。特に相手がストライカーと聞いて、今から楽しみだ。世界一のファンたちにまたノックアウトを見せられるように頑張るから応援よろしく」と、今回もKOを狙うとコメント。サントスも「皆さんにムエタイスタイルの良い試合をお見せします。絶対にKOします。皆さん応援してください」とKO宣言。

 サントスはクルックシャンクの首を刈って矢地祐介戦に名乗りをあげたいところ。クルックシャンクも矢地へのリベンジを懸けた戦いとなるだろう。

【大会・チケット情報】 7・29 RIZIN FF事務局「RIZIN.11」

●編集部オススメ

・クルックシャンクが松本を左ハイキックでKO

・初参戦トム・サントスが井上雄策に強烈TKO勝ち、タイトル戦アピール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース