TOP > ニュース

【J-NETWORK】那須川天心と練習積む工藤“red”玲央が出直しの一戦

2018/07/05(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

初のタイトルマッチに臨むも森(右)に敗れた工藤(左)が再スタートを切る

 8月19日(日)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント『J-KICK 2018~3rd~』の対戦カード第一弾が発表された。

 J-NETWORKバンタム級6位・工藤“red”玲央(TEAM TEPPEN)が、J-NETWORKバンタム級10位で2017年度バンタム級新人王の安達浩平(team AKATSUKI)と対戦する。

 工藤は昨年秋、“神童”那須川天心を育てた父・弘幸さんが会長を務めるTEPPEN GYMに移籍。那須川天心と一緒にプロ練習に励み、今年3月4日の『J-KICK2018』で行われたバンタム級次期挑戦者決定トーナメントに出場、決勝まで勝ち上がった。決勝はバンタム級王者・小嶋勇貴のベルト返上によってバンタム級王座決定戦となったが、森貴慎(トイカツ道場)と延長Rまで戦って敗れ、あと一歩のところで王座を逃した。

 その工藤と対戦する安藤は、REBELS-MUAYTHAIライト級王者・良太郎の弟子。工藤同様にバンタム級次期挑戦者決定トーナメントに参戦したが、1回戦で森貴慎に判定2-0で敗れている。

 トーナメントで悔しい思いをしている両者の出直しとなる一戦。再び王座に近付くのはどっちだ。

<決定対戦カード>

▼バンタム級 3分3R ※ヒジあり
工藤“red”玲央(31=TEAM TEPPEN/J-NETWORKバンタム級6位)
vs
安達浩平(team AKATSUKI/J-NETWORKバンタム級10位、2017年度バンタム級新人王)

●編集部オススメ

・ミドル級王者・吉野健太郎、元ルンピニー王者をヒジで秒殺

・武来安が2度ダウン奪い防衛&リベンジ、最終回にあわやの場面も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース