TOP > ニュース

【シュートボクシング】RENAが初めて着用した黒いコスチュームの意味

2018/07/07(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

今回初めて上下黒のコスチュームを着用したRENA

 7月6日(金)東京・TDCホールで開催されたシュートボクシング(以下SB)協会主催、女子格闘技の真夏の祭典『SHOOTBOXING Girls S-cup~48kg世界トーナメント2018~』。

 メインイベントを務めたのはSB世界女子フライ級王者RENA(27=シーザージム)。RIZIN MMA(総合格闘技)ルール、5分3Rでエレイン“パンテラ”リアル(29=ブラジル)と熱闘の末に判定勝ちを収めた。

 今回、RENAは初めて上下黒のコスチュームを着用。その理由を聞くと「“黒いRENA”を見せたかったから」だと答える。「世間的にヒール(悪役)のRENAになってしまったので、より黒いRENAでいきたいと思って黒にしました」とヒールのイメージだったという。

 RENAは5月6日に福岡で開催された『RIZIN.10』で、浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)が勝利を収めた直後、リングに上がり再戦をアピール。しかし、「浅倉に負けてから1試合もしていないRENAが挑戦するのはおかしい」「RENAは浅倉に完敗しているのになぜすぐに再戦なのか」といった批判がネット上でファンから巻き起こり、悪役のような叩かれ方をされていた。

 また、「試合でも黒い部分はちょっとだけ出せたかな。サッカーボールキックを躊躇なく出せたのは収穫でした。多少は怖さを出せたと思います」と、黒い部分(=危険や恐ろしさ)を見せられてリングサイドで観戦していた次の相手、浅倉へのけん制になったのではないかと推測。

 浅倉と試合を観戦していた榊原信行RIZIN実行委員長も「相変わらずRENAはキラーな感じですね。えげつないというか、勝つためなら手段を選ばない。自らヒールターン(正統派が悪役に転向すること)する覚悟が見てとれました」と、RENAにヒールの部分を感じ取ったと話す。

 最後にRENAは「でも、こんなもんじゃないです。29日はもっと悪いRENAを出したい」と、浅倉との再戦ではさらにキラーな面を見せると予告した。

●編集部オススメ

・RENAが鍛え抜かれた肉体で計量クリアーも、相手はオーバー

・Girls S-cup2018全試合結果=2018年7月6日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース