TOP > ニュース

【RIZIN】“超人女子”杉山しずか、中井りんと「筋力的な差はない」

2018/07/09(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

大好きなももクロの決めポーズをする杉山。腹筋の割れ方が凄い

 7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』で、元パンクラス女子バンタム級王者・中井りん(31=修斗道場l四国)と対戦する杉山しずか(31=リバーサルジム新宿Me,We)が、9日(月)都内にて公開練習を行った。

 杉山は昨年10月から始めたというHIIT(ヒート)トレーニングを披露。HIITトレーニングとは高強度インターバルトレーニングと呼ばれ、強い負荷の運動を20秒間行い、10秒休んで次の運動に移るということを繰り返す。短いハードな運動と休憩を交互に行うのだ。

腕立て伏せをした反動で飛び上がり、台の上に乗る。隣は一緒に公開練習を行った朝倉未来

 この日は公開練習用ということで、踏み台昇降からケトルベル、そしてトレッドミル(ランニングマシン)を2周行った。時間にして3分ほどだったが、トレーニングを終えた杉山はかなり激しい息遣い。それも数分で収まった。

「短時間で強度の高い運動をするので格闘技に必要な筋持久力と心肺機能が上がります」と杉山。深夜に放送されているスポーツ系バラエティー番組『筋肉女子』にレギュラー出演し、これまで上腕二頭筋、大胸筋、下腿三頭筋を使った各カテゴリーの種目で合計6回の優勝を収めており、そのフィジカルの強さは証明済み。

 全身筋肉の塊のような中井とは“筋力対決”でも注目されるが、「中井選手は筋肉が大きいと言われていますが、フレーム負けはしないと思っています。全く別の物体なので比べることは出来ませんが、長さと太さの違いですね。身長が低くて筋肉が太いから中井選手の方が大きく見えるけれど、能力的にはそんなに大差はないと思っています。あとはお互いに持っているものをどこでどう出すかだと思います」と、フィジカル的な差はないと分析。

 中井のファイトスタイルについても「寝技が強いと言われていますが、それはみんな彼女の寝技を怖がっていたり、そのせいで打撃が伸びていなかったことがそういう評価につながったのだと思います。私はテイクダウンもレスリングも好きなので、打撃に絡めて試合で出したいと思っています」と、怖がらずに行けば寝技を恐れることはないとした。

 自分のどこを見て欲しいかとの質問には「多くの方から試合が面白かったと言ってもらえることが多く、勝っても負けても試合スタイルを評価していただけているのが嬉しいです。15分間(5分3R)の中で自分の生き様を見せたいと思っています。見ている人の心に響く、そういう選手になりたいと思っていますし、そういう“エモい”ところを見て欲しい」と答える。

 そして「関節・絞め技で一本を極めるよりも、パウンドでKOしたいですね。前回はなれなかったので、今回こそ“ももいろパウンダー”になります」と、大好きなももいろクローバーをもじって名付けたスタイルで中井をKOしたいと意気込んだ。

【大会・チケット情報】 7・29 RIZIN FF事務局「RIZIN.11」

●編集部オススメ

・中井りんが1年半ぶり参戦、杉山しずかと激突

・中井りんが意気込み「杉山しずか選手、覚悟しておいて下さい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース