TOP > ニュース

【DEEP】約1年ぶりにDJ.taiki復帰「こんなんじゃ納得して引退できねぇよ」

2018/07/12(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

約1年ぶりの試合に臨むDJ.taiki(左)と対戦するのは元パンクラスランカーの横山(右)

 8月26日(日)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 85 IMPACT』の対戦カード第一弾が発表された。第4代DEEPバンタム級王者DJ.taiki(パンクラスイズム横浜)vs横山恭典 (KRAZY BEE) が決定。

 DJ.taikiは2014年4月にキックボクシングでプロデビュー後、同年10月からはMMA(総合格闘技)に出場。DEEPのほかにもRIZIN、パンクラスに参戦し、シュートボクシングやK-1にも挑んだマルチ格闘家だ。切れ味鋭い打撃とテイクダウン&コントロールの強さを発揮し、2013年4月にDEEPバンタム級王座を奪取。しかし、2016年10月の初防衛戦で敗れた試合を含めて現在3連敗中だ。

 対する横山は打撃&レスリングの強さでパンクラスのランカーとして活躍。2017年10月からはDEEPに参戦し、2連勝している。

昨年6月にはKNOCK OUTに参戦し、町田光(右)と対戦したDJ.taiki

 2017年9月以来の試合となるDJ.taikiは、自身のブログにて「こんなに試合が空いたのは骨折と手術を2回繰り返したから」と打ち明け、「年齢的にもう辞めなきゃいけないなとは思ってるけど、なんでまだやるのかというと判定に納得いってないから。せめてボコボコにされて負けるのなら諦めがつくというものの前回、前々回ともに全くもって不可解な判定を下され、こんなんじゃ納得して引退できねぇよ」と、このままでは引退できないという。

 判定に不服があると書いているものの「そもそも判定で勝とうってのが間違った考えだった」とし、「『判定だめだよKOじゃきゃ』とか『ジャッジに勝負を委ねない』とはよく言ったもので気合い入れて決着つけないと」と、完全決着で試合を終わらせたいと意気込んでいる。

 また、2017年7月の『DEEP CAGE IMPACT 2017』で対戦した川原波輝(総合格闘技スタジオSTYLE)と村元友太郎(ALIVE)の再戦も組まれた。前回はハイキックによるTKO勝ちで川原が勝利を収めている。

<決定対戦カード>

▼DEEPフェザー級
DJ.taiki(35=パンクラスイズム横浜)
vs
横山恭典 (26=KRAZY BEE)

▼DEEPストロー級 
川原波輝(28=総合格闘技スタジオSTYLE)
vs
村元友太郎(23=ALIVE)

▼DEEPバンタム級
CORO(30=K-Clann)
vs
白川”Dark”陸斗(26=志道場)

▼DEEPフェザー級 
高塩竜司(22=KIBAマーシャルアーツクラブ)
vs
松林佑介(34=INFIGHT JAPAN)

▼DEEPストロー級 
磯貝太一(18=空手道白心会)
vs
杉浦弘幸(NEVER QUIT)

●編集部オススメ

・【RIZIN】高谷、DJ.taikiとの実力者対決を制す

・KNOCK OUTでは町田光とキックボクシングルールで対戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース