TOP > ニュース

【ボクシング】井岡一翔が復帰へ「新たな地で階級を上げて4階級制覇を」

2018/07/21(土)UP

昨年4月5度目の防衛を果たしたときの井岡。今年9月に米で復帰戦に挑む

 元世界3階級王者・井岡一翔(29)が20日、都内で会見し、9月8日に米・ロサンゼルスでスーパーフライ級の強豪が参戦する興行「スーパーフライ3」での復帰戦を表明した。

 昨年4月にWBA世界フライ級で5度目の防衛後、5月に結婚。その後沈黙が続き、大みそかに電撃引退。それから7ヶ月で更に電撃の復帰宣言。

 井岡は復帰の理由として「海外で今まで(日本人の)誰もやったことのないことを新たな地で階級を上げて4階級制覇、やるからにはそれくらい大きな目標に向かって頑張ろうと思いました。」と語り、フライ級(リミット50.8kg)から1階級上げ、スーパーフライ級(リミット52.16kg)で挑むことも明かした。

TKO勝利し父・一法氏に肩車で祝福される井岡=4度目の防衛時

 所属先は井岡ジムから離れ、パチンコのSANKYOとなるが、今後の活動の中心は米国になるという。井岡は井岡ジムの会長であり、父の一法氏とも確執が噂されたが、一法氏は同日大阪で会見を開き、復帰と4階級制覇へ向け応援の姿勢を見せた。

 井岡はボクシングの環境も整い新たな地で再スタートを切る。

♢井岡一翔(いおか・かずと)1989年3月24日、大阪府堺市生まれ。2011年2月に当時国内最速の7戦目で世界王座獲得。12年6月にWBA、WBCミニマム級王座統一、同年12月にはWBA世界ライトフライ級王者となり2階級制覇。15年4月に同フライ級王座を獲得したことで世界最速の18戦目で3階級制覇を成し遂げた。17年4月、WBA5度目の防衛を成し遂げた。戦績は22勝(13KO)1敗。

●編集部オススメ

・井岡がV5、具志堅と並ぶ世界戦最多勝利

・井岡一翔が歌手の谷村奈南と入籍「今後も自分の使命果たす」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース