TOP > ニュース

【パンクラス】1位・手塚裕之のベルト挑戦ロードに元王者・村山暁洋が立ちはだかる

2018/10/02(火)UP

トップランカー・手塚裕之(左)vs不沈艦・村山暁洋(右) の一戦が決定

 12月9日(日)東京・新木場のスタジオコーストで開催される『PANCRASE 302』の対戦カードが発表された。

 パンクラス・ウェルター級1位の手塚裕之(28=ハイブリッドレスリング山田道場/TGFC)と、同級3位で元王者の村山暁洋(38=GUTSMAN)の一戦が決定。

 ハードパンチャーの手塚はデビュー前にアメリカ・オレゴン州のジムに単身渡り、3年間現地で活動していた逆輸入ファイター。
 2015年11月のパンクラス初参戦から、2戦連続で1R10秒ジャストの秒殺KO勝ち。2017年は二連続KO勝利を収めたが、今年2月に元UFCで現ウェルター級王者のグライコ・フランカに2-1で惜敗した。

 8月大会ではKO勝ちで再起。今回の試合に勝利し、グライコへのベルト挑戦とリベンジを狙いたいところ。 

チョークで失神させ、秒殺KO勝利した村山

 対する村山は、11年に第4代修斗環太平洋ミドル級王座を獲得、16年には第9代パンクラス・ウェルター級王座を獲得するなど、輝かしい実績を持つ日本ウェルター級のトップファイター。

 16年10月に王座陥落してから2連敗だったが、今年5月には1R48秒でのチョーク葬と、見事な一本勝利で再起を飾った。今回1位の手塚を破り、王座返り咲きを狙う。
   

上田将竜(左)vs小川徹(右)の再戦

 また、フライ級の一戦としてパンクラス同級2位・上田将竜(31=緒方道場)vs同級4位・小川徹(31=TRIBE TOKYO M.M.A)も決定した。

 上田は13年の『パンクラス・ネオブラッド・トーナメント(NBT)』(新人王戦)スーパーフライ級優勝者。デビュー後5戦無敗で、元修斗世界1位のオニボウズにも14年に1Rで一本勝ちしている。現在3連勝で2位まで上り詰めた。

1年前に激闘した両者。上田(左)が2-1で勝利

 相手の小川も15年のNBT同級優勝者。高校卒業後、7年間自衛隊に勤務し、元・陸上自衛隊員という経歴を持っており、軽量級離れした身体の力を持つ。

 小川はパンクラスデビュー後7連勝していたが、17年の8月にそれを止めたのが上田。 悲願のベルト挑戦のため負けられない上田に、小川が判定2-1での惜敗の無念を晴らすか。

<決定対戦カード>
▼ウェルター級  5分3R
手塚裕之(ハイブリッドレスリング山田道場/TGFC/同級1位)
vs
村山暁洋(GUTSMAN/同級3位・第9代同級王者)

▼フライ級 5分3R
上田将竜(緒方道場/同級2位)
vs
小川 徹(TRIBE TOKYO M.M.A/同級4位)
                

●編集部オススメ

・現王者・フランカに惜敗した手塚の試合

・因縁の再戦にケリ!村山暁洋が佐藤洋一郎を下し、環太平洋王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース