TOP > ニュース

【DEEP JEWELS】川村虹花、再起戦の相手は元女子アナ

2018/10/11(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

初の一本負けを喫した川村(左)が、打撃格闘技のプロキャリアでは優る宗田(右)と対戦

 12月1日(土)東京・新宿FACEで開催される女子総合格闘技イベント『DEEP JEWELS 22』の対戦カード第一弾が発表された。川村虹花(22=仮面女子)vs宗田智美 (39=HIDE’S KICK)が決定。

 川村は最強地下アイドルの異名を持つアイドルグループ「仮面女子」のメンバーで、昨年12月にセミプロルールで総合格闘技デビュー。左ミドル&ハイキックとタックルを駆使して勝利を収め、今年3月にプロデビューを果たした。

 プロデビュー戦は判定で敗れはしたものの、攻め続ける姿勢を見せて評価をあげ、6月の2戦目では“女アウトサイダー”山崎桃子との打ち合いを制して1Rわずか39秒でTKO勝ち。プロ初白星を飾った。しかし、3戦目ではキャリアで上回るYuko.S(ゆうこ=桐生祐子から改名/30=BRAVE)と戦い、1R3分23秒、チョークスリーパーで初の一本負け。

川村は打撃を得意とするが、本職を相手に通用するか

 川村は過去2戦、いずれも一度目の計量でオーバーしており(再計量ではパスしている)、今回も同じアトム級での試合となることからコンディション調整も注目される。

 宗田はキックボクシング&シュートボクシングからMMA(総合格闘技)に転向。昨年12月のDEEP JEWELSでプロデビューを果たし、“くびれが美しすぎる女子格闘家”まど花をチョークスリーパーで絞め落として一本勝ちを飾ったが、2戦目で川村と同じくYuko.Sと対戦して腕十字で一本負けを喫している。

ヒザ蹴りを見舞う宗田。MMAはプロ2戦目だが、打撃格闘技でのキャリアは長い

 また、宗田は元女子アナウンサーの経歴を持つ異色の格闘家。ニッポン放送『ショーアップナイターニュース』のリポーターを務め、現在も司会事務所に所属してイベントのMCやナレーション、タレントなどの仕事をしている。

 ともにYuko.Sに一本負けを喫してからの再起戦。川村4戦目、宗田3戦目とキャリアも変わらないため、両者ともに上を目指すために勝利をもぎ取りたいところだ。

<決定対戦カード>

▼DEEP JEWELSアトム級 
川村虹花(仮面女子)
vs
宗田智美 (HIDE’S KICK)

●編集部オススメ

・初一本負けの川村虹花「絶対逃げない」

・元女子アナ選手、コスプレ入場予告

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース