TOP > ニュース

【ベラトール】ハリトーノフとネルソン、ベテランの風格と余裕で計量パス

2018/10/13(土)UP

計量に臨んだハリトーノフ(右)とネルソン(左)

 10月12日(金・現地時間)アメリカ・コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催される総合格闘技大会『Bellator 207』の前日計量が、11日(木・同)に行われた。

 今大会のセミファイナルではヘビー級の大物ベテラン対決が実現。元PRIDEファイターのセルゲイ・ハリトーノフ(38=ロシア)と元UFCファイターのロイ・ネルソン(42=アメリカ)が、初めて拳を交える。

 計量はハリトーノフがヘビー級リミットちょうどの265ポンド(約120.2kg)、ネルソンが263.75ポンド(約119.63kg)で、ともに一発クリアー。両者は笑顔で握手を交わすなど終始リラックスした様子で、ベテランらしい風格と余裕を漂わせた。

初陣で16秒KO負けし、マットに大の字となったハリトーノフ(右)

 ハリトーノフは2003年から07年のPRIDE時代、“ロシア軍最強兵士”の異名で知られ、エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラら強豪とともに活躍。

 2016年11月のBellator MMA初陣では16秒KO負けという不覚を取ったが、昨年3月の再起戦はしっかりとKO勝利で飾った。その後も他団体で3勝1ノーコンテストと無敗をキープし、健在ぶりを示している。

ネルソン(左)は今年2月の移籍2戦目で、同じ元UFCファイターのミトリオン(右)に敗れた

 一方、ネルソンは2009年から昨年まで在籍したUFCで、ミルコやノゲイラからKO勝ちするなど活躍。昨年9月のBellator MMA移籍初戦を勝利で飾ったが、今年2月のヘビー級王座決定トーナメント1回戦で、マット・ミトリオンに判定で敗れた。

 当初は5月にミルコ・クロコップとの対戦が決まっていたが、ミルコが負傷欠場したために試合はキャンセルに。今回のハリトーノフ戦がBellator MMA移籍3戦目にして再起戦となる。

Photo by Bellator MMA

●編集部オススメ

・ハリトーノフが16秒KO負け、初陣飾れず

・ネルソンが初戦敗退、ミトリオンに5年ぶり雪辱許す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース