TOP > ニュース

RENAが初のフォトブック「RE:NA」で、休養からリスタートまでの姿と気づきを明かす

2018/11/16(金)UP

  シュートボクシング世界女子フライ級王者RENA27歳シーザージム所属)が、1223日(日)に自身初となるフォトブック『RE:NA』の発売が決定、11月16日より先行予約が開始された。

 タイトルの「RE:NA」とは、RENAが初めて立ち止まったことで、格闘人生を見つめ直し、「“RESTART」を切るという意味が込められており、7月の「RIZIN」での敗北後、「普通の女の子に戻る」と発言してリングから離れ、その後ハワイという開放的な場所で過ごすRENAと、ホームである浅草のシーザージムで汗を流す戦うRENA、どちらも素の彼女を写し、ロングインタビューとともにリスタートへの姿を掲載している。

 そのインタビューでは「引きこもり」だったという小学生時代の話から、シュートボクシングのデビュー戦のときの心境、一度立ち止まるきっかけとなった「RIZIN.11」での浅倉カンナ戦、そして休養期間…RENAのこれまでの人生、素をさらけ出している。

 7月試合後、”普通の女の子”を楽しもうとした彼女は、ハワイに行った際にアメリカの女子格闘技のトップ選手であるアンジェラ・リーと会ったという。結婚して、今も現役のチャンピオンとして活躍しているアンジェラが、楽しそうに格闘技に取り組んでいるのを見て「話して気づいたんです。勝っても負けてもいいから、もっと楽しんでやらなきゃダメでしょって」と、積み重ねた勝利と引き換えに、いつしか負けるのが怖くなっていたRENAは、負けたことですら楽しんでいた格闘技を始めた頃を思わせる発言をしている。

そしてインタビューの最後には、「とにかく毎日、楽しく生きて欲しいです。私も頑張るから、みんなも!」とファンへの言葉で締めくくった。

  また、発売日である12月23日はRENAがシュートボクシングでデビューをしてから丸々10年が経過して11年目へと突入する日でもある。休養期間の気づき、そしてリスタートを切り、再び大みそかに『RIZIN』の大舞台に挑む。

 更に同時に出版に合わせたイベント開催も発表。201916日(日)にホームタウンである浅草に位置する「浅草九劇」にて、ゲストを招いての特別イベントが開催される。RENAのことをよく知る人物からのマル秘トークも繰り広げられる予定だ。

 

●編集部オススメ

・【RIZIN】RENAが大みそかでの復帰を表明「一緒に盛り上がりましょう」

・【RIZIN】真珠・野沢オークレアがファースト写真集でSEXYな8頭身美ボディを初解禁

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース