TOP > ニュース

【ホーストカップ】大石駿介、ISKA初防衛戦はムエタイエリートの欧州王者

2018/11/20(火)UP

大石(左)が世界王座初防衛戦。欧州王者・カロ(右)を迎える

 12月23日(日)愛知・名古屋国際会議場にて開催される『HOOST CUP KINGS NAGOYA 5』の対戦カードが発表された。

 ISKA世界ムエタイスーパーライト級王者・大石駿介(29=OISHI-GYM)が、初防衛戦としてISKAムエタイヨーロッパ王者ウナイ・カロ(26=スペイン)を挑戦者に迎える。

 大石はこれまでにJ-NETWORK、MA日本キック、WMCと3つのタイトルを獲得。昨年の9月大会ではベルギーのステファン・キャンデルからISKA世界王座を奪取し、初の世界王座戴冠となった。

右ヒジ一閃でKOした大石(右)

 キャンデル戦までは5連勝していたが、今年4月にKNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメントの一回戦で、シュートボクシングのエース・鈴木博昭に敗北した。今回は再起とともに初防衛を目指す。

 対するカロはヨーロッパのムエタイ戦線で活躍、過去にスペインやイベリア半島などの地域タイトルを3つ獲得してきた。今年10月にISKAヨーロッパ王座をKO勝利で奪取。”アサシン”(暗殺者)のニックネームを持ち、戦績は26戦23勝(9KO)3敗。ISKA本部からの指名挑戦者だ。
 地元スペインのメディア取材でもたびたび「世界王者になることが目標」と語っており、念願のタイトルマッチとなる。

欧州王座戦ではミドルでKOしたカロ

 互いに幼少期より父親から大石は空手、カロはムエタイを教わってきた、日西格闘エリート対決となる。さらに二人ともISKAタイトル以外の王座は3つと共通する。大石は地元・名古屋で、悲願だった世界タイトルの初防衛に成功することが出来るか。

●カロがISKAヨーロッパ王座を獲得した試合のハイライト動画。4Rに右ミドルでKO

●編集部オススメ

・大石駿介がISKA世界王座を奪取、アーネスト・ホーストも絶賛

・グラマラスボディの癒し系美人が新ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース