TOP > ニュース

【RIZIN】宮田和幸引退試合の相手は因縁の山本“KID”徳郁の甥・山本アーセン

2018/11/22(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

宮田和幸(左)の引退試合の相手は、山本KIDの甥・山本アーセン(右)に決定

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.14』の追加対戦カードが発表された。

 今大会で引退試合を行うことを発表していた宮田和幸(42=BRAVE)の対戦相手が、山本アーセン(22=KRAZY BEE)に決定。

 宮田は10歳からレスリングを始め、シドニー五輪にはレスリング・フリースタイル63kg級日本代表として出場。2004年にMMA(総合格闘技)転向し、大塚隆史、リオン武、宇野薫などの国内強豪たちを撃破。RIZINには2015年末に初参戦し、日菜太とMIXルールで対戦したが、1RのキックルールでKO負け。2016年末に2度目の参戦を果たし、アンディ・サワーから腕十字で一本勝ちを収めた。

最後に宮田のジャーマンスープレックスはさく裂するか

 対するアーセンは山本美憂の息子で故・山本“KID”徳郁の甥。4歳からレスリングを始め、数々のジュニア大会で優勝を収めてハンガリーにレスリング留学。2015年末にMMA(総合格闘技)に転向し、いきなりクロン・グレイシーとデビュー戦を行い、敗れはしたものの積極果敢な姿勢で好試合を展開。母・山本美憂とともにKIDの特訓を受け、才賀紀左衛門からも勝利。その後は連敗を喫し、今回が約1年ぶりの試合となる。

才賀にバックドロップを見舞うアーセン

 宮田は2006年5月にKIDと対戦し、試合開始直後の飛びヒザ蹴りで1R“4秒”でのKOという屈辱を味わっている。そのKIDの甥で、今年他界したKIDの想いを胸に参戦するアーセンは引退試合の相手としてふさわしいと言えるだろう。

 なお、この試合は「宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ」と銘打って行われる。

<決定対戦カード>

▼宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ RIZIN MMAルール 65.0kg契約 5分3R ※ヒジ打ちあり
宮田和幸(42=BRAVE)
vs
山本アーセン(22=KRAZY BEE)

●編集部オススメ

・宮田和幸が大みそかに引退試合

・山本アーセン、才賀紀左衛門との接戦を制してMMA初勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース