TOP > ニュース

【RIZIN】現役アイドルが大みそかのリングへ、川村虹花の参戦決定

2018/12/13(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

念願の大みそかRIZIN参戦が決定した川村

 12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN 平成最後のやれんのか!』に、アイドルグループ「仮面女子」の川村虹花(かわむら・ななか/22=仮面女子)が参戦する。12月13日(木)東京・仮面女子CAFEで行われていた公演にて、ファンの前で発表された。

 公演の途中で榊原信行RIZIN実行委員長と佐伯繁DEEP代表がステージに上がり、榊原実行委員長が「大みそか、やれますか?」と聞くと、川村は「やれます。出たいです。よろしくお願いします」と力強く答えた。

仮面女子のライブ中に電撃発表された

 榊原委員長は「DEEP JEWELSの中でここまで頑張ってきたことには一定の評価をします。ただ実績は出られるレベルではない」としながらも、「出場決定の決め手はよく頑張っているということ。頑張る人たちの想いに応えていきたい。彼女にしか伝えられないものがあるだろうと期待しています」と、未熟ながらも観客に伝わるものが川村には出せると評価してのことだと説明。

 川村は「今は夢の気持ちでふわふわしています。現実なのかってくらい緊張しています。今までアイドルが格闘技に挑戦することなどなかったと思いますが、生で試合を見て感動してカッコよくて、絶対格闘家になりたいって気持ちで入りました。練習も試合も減量もキツいものがあって、今ほかにアイドルが格闘技を始めると言ったら、私が“ナメているの?”って言うくらい凄いところに飛び込んだと思っています。

 目標に向かって突き進んで練習と向き合って、毎日練習して頑張ってきて、見ている人に感動を私が与えたいと強く思うようになって。私が、アイドルが出場することに反対な人がほとんどだと思いますが、その人たちに“川村頑張っているじゃん”“アイドル頑張っているじゃん”って伝えられる選手になりたいと思っています」と意気込みを語った。

対戦相手はレスリングの実績があるあい(右)

 対戦相手はAbemaTVの『格闘代理戦争』で行われている女子トーナメントに出場した、あい(29=KRAZY BEE)に決定。山本“KID”徳郁が創設したKRAZY BEE所属選手で、レスリングでインターハイとインカレの優勝歴を持ち、世界学生選手権で3位になった経歴を持つ。1回戦ではV.V Mei推薦選手の上野みずきに1Rで腕十字による一本勝ち、準決勝では青木真也推薦の古瀬美月に腕十字で敗れた。今回がプロデビュー戦になる。

 この試合は第1試合、RIZINチャレンジルール(ヒジ打ち、サッカーボールキック、踏みつけ、4点ポジションでのヒザ蹴りは禁止)5分2Rで行われる。

<決定対戦カード>

▼RIZINチャレンジルール 49.25kg契約 5分2R
川村虹花(かわむら・ななか/22=仮面女子)
vs
あい(29=KRAZY BEE)

●編集部オススメ

・最強地下アイドル「仮面女子」の川村虹花が格闘技デビュー

・川村虹花が全力ファイトで勝利、RIZIN大みそか参戦アピール

・仮面女子・川村虹花「純白ビキニ」で計量 自身も驚く「身体の変化」

・Hカップグラドル白川未奈が筋肉アップ! 誕生日に初勝利目指す!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース