TOP > ニュース

【ベラトール】リョート・マチダが移籍初戦の計量パス、対戦相手は計量オーバー

2018/12/15(土)UP

計量に臨んだリョート(左)と対戦相手のカルバーリョ(右)

 12月15日(土・現地時間)アメリカ・ハワイ州ホノルルのニールS.ブライスデル・センターで開催される総合格闘技大会『Bellator 213』の前日計量が、14日(金・同)に行われた。

 今大会のセミファイナルではミドル級ワンマッチが組まれ、元UFC世界ライトヘビー級王者リョート・マチダ(40=ブラジル)が、前Bellator MMA世界ミドル級王者ハファエル・カルバーリョ(32=同)を相手に、移籍初戦を迎える。

 計量の結果はリミットの185ポンド(約83.91キロ)に対し、リョートが185.9ポンド(約84.32キロ)で、カルバーリョが186.5ポンド(約84.59キロ)を記録。

 ワンマッチは1ポンドまでの超過が認められているが、カルバーリョはこの規定も上回っているため計量オーバーとなり、罰金のペナルティーを受けたうえで試合に臨む。

 リョートは2009年10月にUFC世界ライトヘビー級王座を獲得した実績を持ち、人気選手として活躍。昨年5月のビクトー・ベウフォート戦でKO勝ちを収めた試合を最後にUFCを離れ、Bellator MMAへの移籍を選択した。今回が試合が新天地デビュー戦となる。

 対するカルバーリョは2015年10月にBellator MMA世界ミドル級王座を獲得。今年5月に迎えた4度目の防衛戦で、ゲガール・ムサシにTKO負けを喫し、王座から陥落した。今回の試合が再起戦となる。

Photo by Bellator

●編集部オススメ

・【UFC】リョート・マチダが約3年ぶり勝利、無敗アンダース下す

・【ベラトール】ムサシが15連勝中の王者カルバーリョを初回TKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース