TOP > ニュース

【会場】今月オープンの神田明神ホールで初のプロレス興行で満員御礼!格闘技も歓迎

2018/12/29(土)UP

神田明神ホール

 今年6月、格闘技会場のディファ有明が閉鎖解体、以降、格闘技団体は会場探しが一つの問題となっているが、12月15日に神田明神の境内に神田明神ホールがオープン。95坪と中小規模だが、JR御茶ノ水から徒歩5分、JR秋葉原から徒歩7分と好立地。

 この会場で12月27日、初のプロレス・格闘技のこけら落とし興行『プロレスの神様のこと「腕落ちたぞ!」なんてぼやいてたこと懺悔ですね』(DDTプロレス&東京女子プロレスの合同興行)が行われた

席はホールに210席用意された

 会場に並べられた椅子席は210席、加えて2階席は15席が固定となっており、ともに満席となった。

 試合を行い、勝利したDDTのエースHARASHIMAが試合後のマイクアピールで「神田明神でDDTプロレスが豆まきをしている関係から、神田明神から声がかかりこけら落とし公演を開催するに至った」と説明。「次回もこの会場で試合をしたいと思います」と満員の観客を煽った。

メインを勝利で飾った左から才木玲佳、山下美優、白川未奈

 席の配置はテレビカメラスペースや通路を多少余裕をつけた配置でそのスペースをうまく利用すれば中央リング配置で250席(2階席プラス15席)は行けそうだ。

 料金は着席(シート)の場合、音響、照明、立ち合い技術者1名を含み、開始時間は10時、11時、12時と3パターンから選択、11時間セットで借りて42万円(税別)。50万円(税別)を払えば、その時間内に複数回興行を開催できる。スタンディング制の場合は着席の倍以上の集客が見込めるため、5万円~15万円の値上がりとなる。ともに1ドリンク代(500円)は別料金。延長料金は別途。

なお、このホールにリングは用意はなく、持ち込みとなるが小~中規模大会を11時間内に2回~3回行うなど工夫すればお得なのではないだろうか。

神田明神ホール http://myoujin-hall.jp/

●編集部オススメ

・【トピック】格闘技のメッカ、ディファ有明が2018年6月で閉鎖

・【グラドル・プロレス】Hカップグラドル白川未奈がバースデーマッチ敗北、涙の誓い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース