TOP > ニュース 一覧

【DEEP JEWELS】元王者・玉田育子が51歳でカムバック

2019/01/23(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ミクロ級のヒロインを目指すメルヘン系ファイターのマドレーヌ(左)と3年半ぶり復帰の玉田(右)という異色対決

 3月9日(土)東京・後楽園ホールにて開催される女子総合格闘技イベント『DEEP JEWELS 23』の追加対戦カードが発表された。ミクロ級(44.0kg以下)で玉田育子(51=AACC)とマドレーヌ(メルヘン王国#FIGHTTEAMミチバ)が対戦する。

 まど花から改名した、マドレーヌは2017年5月にプロデビューを迎えたが、15歳の現役女子高生ファイター古瀬美月にハイキックでKO負け、同年12月の2戦目は宗田智美にチョークスリーパーで一本負けと連敗。この2戦はアトム級(47.6kg以下)で行ったが、マドレーヌは前日計量で45kgしかなかった。

昨年9月、プロ3戦目でチョークを極めて初勝利

 昨年9月から待望のミクロ級(44.0kg以下)が新設され、マドレーヌはベンチプレス世界記録を持っていた武井藍と対戦し、1R4分30秒、チョークスリーパーで見事初勝利を収めた。

 また、マドレーヌは“くびれが美しすぎる格闘家”として知られ、計量でカメラを向けられると自慢のくびれボディをひねってポーズを取り、くびれ美人ぶりをアピールして話題となった。9月大会からは「メルヘンの国からやってきた」とのコンセプトで大幅キャラ変。「ハッピー!メルヘン」と意味不明な発言で、不思議系メルヘンワールドを全開にしている。

VALKYRIEでベルトを巻いた玉田

 対する玉田は2005年7月に修斗でプロデビューし、当初は連敗したものの2006年11月から2010年6月まで12戦負けなし。2010年6月にはトーナメントを制して女子総合格闘技イベント『VALKYRIE』で初代フライ級女王の座に就いた。2014年9月には女子で世界最大の団体『Invicta FC』にも参戦を果たしている。

マドレーヌ勝利のくびれポーズ

 確かなグラップリング(組み技)とボクシングの技術を持つ玉田だが、今回は3年半ぶりの復帰戦。しかも51歳という年齢でのチャレンジとなる。

 マドレーヌは「超格上挑戦と理解しています。辛い戦いを覚悟の上での試合です。正直、震えました。尊敬する大先輩選手と後楽園で戦える幸せ」と玉田を脅威に感じながらも、「ミクロ級のヒロインはマドレーヌ」と、ミクロ級の主役になると宣言している。

<決定対戦カード>

▼DEEP JEWELSミクロ級 5分2R
玉田育子(AACC)
vs
マドレーヌ(メルヘン王国#FIGHTTEAMミチバ)

●編集部オススメ

・大幅キャラ変のマドレーヌが計量パス

・“くびれ”が美しい女子格闘家、初勝利を目指してキャラ変

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧