TOP > ニュース

【RIZIN】日本での引退試合は「ヒョードル次第」

2019/02/01(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ベイダー(左)の左フック一発で崩れ落ちるヒョードル(右)Photo by Bellator MMA

 4月21日(日)神奈川・横浜アリーナで開催される『RIZIN.15』の記者会見が1月31日(木)都内にて行われた。

 会見後に行われた囲み取材で榊原信行RIZIN実行委員長は、1月26日(土・現地時間)アメリカ・カリフォルニア州で開催された『Bellator 214』でのライアン・ベイダー(35=アメリカ)vsエメリヤーエンコ・ヒョードル(42=ロシア)について触れた。

 Bellator MMAヘビー級ワールドグランプリ決勝戦として行われたこの一戦は、ベイダーの左フック一発で1Rわずか35秒、ヒョードルがKO負けという衝撃的な結末に。

ヒョードルが望むなら日本での引退試合をあり得ると榊原委員長

 現地で試合を見ていた榊原委員長は「一抹の寂しさがありました。出会い頭みたいな感じで、ファーストコンタクトでそれをもらっちゃうんだな、と。もらったうえに、初めてヒョードルが崩れ落ちるところを見ました。藤田(和之)のパンチによろけたこともあるし、負けた時はこっぴどく負けていますが、一撃で見事に沈む試合は桜庭和志vsヴァンダレイ・シウバの3戦目を彷彿とさせました。

 これが潮時のタイミングだと思いましたね。ヒョードルが決めることですが、 僕はここが最終地点だな、と。2015年1月から話し始めて一緒にやろうと2015年のRIZINで3年半ぶりに現役復帰してもらって、そこから3年間よく頑張ったと思います」と、労いの言葉。

 もしヒョードルが引退を決めた場合、日本で引退試合を行う可能性については「日本で引退試合をやれたらエモーショナルな感じがして良いと思う。スコット(・コーカー=ベラトール代表)とも話しましたが、その可能性もヒョードル次第だと思います」と、ヒョードルが現役続行するのか、日本での引退試合を望むのかは全てヒョードル次第だと話した。

●編集部オススメ

・【ベラトール】ベイダーがヒョードルを35秒一撃KOして優勝(動画あり)

・【ベラトール】ヒョードルが試合後初コメント「私は元気です」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース