TOP > ニュース

【ベラトール】ミルコついに初参戦、ネルソンとの7年越し雪辱戦へ計量パス

2019/02/16(土)UP

計量後のフェイスオフに臨んだミルコ(左)とネルソン(右)。両者は約7年半ぶりの再戦となる

 2月16日(土・現地時間)アメリカ・コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナで開催される総合格闘技大会『Bellator 216』の前日計量が、15日(金・同)に行われた。

 今大会には近年、日本の『RIZIN』で活躍中のミルコ・クロコップ(44=クロアチア)が、ついにアメリカ第二の総合格闘技団体『Bellator MMA(ベラトール・エムエムエー)』に初参戦。セミファイナルのヘビー級ワンマッチで、人気ファイターのロイ・ネルソン(42=アメリカ)と対戦する。

 ミルコは234.5ポンド(約106.37キロ)、ネルソンは259.5ポンド(約117.71キロ)で、ヘビー級リミットの265ポンド(約120.2キロ)をパス。両者の体重差は25ポンド(約11.34キロ)となった。

 ネルソンは秤の上でポーズを取りながらおどけた表情を見せるなどリラックスモード。一方、ミルコはそそくさと秤に上がってマッスルポーズを取り、その後の写真撮影も淡々とこなし、最後まで真剣な表情を崩すことはなかった。

 今回が2度目の対決となるミルコとネルソン。初対決は2011年10月に世界最高峰とされるアメリカの『UFC』で行われ、その時はネルソンがミルコの強打に苦しみながらも、最後はグラウンドに持ち込み、バックマウントからの強烈パウンドで、3R1分30秒TKO勝ちを収めている。

 ともにUFCとの契約を終了した後、ミルコは16年からRIZIN、ネルソンは17年からBellator MMAをそれぞれ新天地に選択。両団体が友好関係にあったことから、当初は昨年5月にイギリス・ロンドン開催の記念大会『Bellator 200』で、2度目の対戦が組まれたが、ミルコの負傷欠場により試合は延期となった。

 その後、ミルコは同年7月の『RIZIN.13』で約10カ月ぶりの復帰戦に臨み、元PXCヘビー級&現DEEPメガトン級王者ロッキー・マルティネス(32=グアム)を鋭いエルボーでドクターストップに追い込み、初回TKO勝ち。

 一方、ネルソンは昨年10月の『Bellator 207』で、元PRIDEファイターのセルゲイ・ハリトーノフ(38=ロシア)と対戦したが、強烈なパンチとヒザ蹴りを受けて1R4分59秒でTKO負け。17年9月の移籍初戦こそ勝利で飾るも、その後は2連敗となっている。

 ミルコは現役生活の継続については、今後の結果次第だとも口にしたとされるが、14年以降はRIZIN以外の他団体の試合も含め、現在9連勝中とその実力は健在だ。そのミルコが初参戦のBellator MMAで迎える復帰2戦目。果たしてミルコは元UFCの人気ファイターであるネルソンを相手に、7年越しのリベンジを果たすことができるか。

Photo by Bellator

●編集部オススメ

・ミルコがまさかの負傷欠場、ロイ・ネルソンとの再戦消滅

・ミルコのヒジ炸裂、マルティネスが流血ドクターストップでTKO負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース