TOP > ニュース 一覧

【キングダム】元K-1の内田ノボル、我龍真吾が出場

2019/03/01(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

内田ノボルが参戦

 3月2日(土)東京・立川コロッセオにてキングダムエルガイツ立川大会『立川格闘技フェスタ2019―春の陣―』が開催される。同大会は格闘技団体キングダムエルガイツと立川商工会議所が毎年コラボして開催しているイベント。今年で4年目となる。

 大会は2部制になっており、第1部のメインイベントでは元K-1ヘビー級の内田ノボル(43=翔拳道)がMEISAM(橋本PREBO)と首相撲無しのキックボクシングルールで対戦。内田は旧K-1のヘビー級で活躍したほか、MA日本ヘビー級王座、新日本キックボクシング協会ヘビー級王座を獲得した。対するMEISAMはイラン出身で、キック3勝1敗、ボクシング1勝の戦績を持つ。

 第1部ではほかに、ケージ柔術(金網で囲まれた試合場の中で行う柔術の試合)、グラップリングバウト、女子キックボクシングなど様々なルールでの試合が行われる。

我龍(右)得意のガン付けは健在。小浪(左)と対戦する

 第2部はキングダムの入江代表が考案した「タイヤファイト」で、我龍真吾(ファイティングマスター)が小浪裕太(フリー)と対戦。タイヤファイトとは両者が片足をタイヤに突っ込んで試合スタート、殴られて倒れれば即負けという分かり易いルール。タイヤに片足を突っ込んでいるため離れることが出来ず、その場で殴り合うしかないという試合だ。

 我龍はK-1を始めとして様々な試合に出場。倒すか倒されるかの殴り合いを演じて人気を博した。対する小浪は現KNOCK OUTライト級王者・不可思とも対戦したことがあるキックボクサー。

 なお、当日は沖縄ナムラホールで4月9日に旗揚げされる格闘技新イベント『TRY』内で開催されるタイヤファイト沖縄チャンピオントーナメントへの参戦を賭けてのトライアウトも開催される。

●編集部オススメ

・元K-1内田ノボル、6年ぶり復帰戦でダウン奪い勝利

・現役レースクイーンがほろ苦い格闘技デビュー戦

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧