TOP > ニュース

【ムエタイSF】海人破ったチャムアックトーンが電撃参戦、地元愛知の増井侑輝が迎撃

2019/08/14(水)UP

SBのエース海人(左)の連勝を止めたチャムアックトーン(右)が電撃参戦

 10月6日(日)に愛知・名古屋国際会議場イベントホールにて開催される『Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.6』の対戦カードが発表された。

 ムエタイのラジャダムナンスタジアムスーパーライト級王者チャムアックトーン・ファイタームエタイ(タイ)の参戦が決定。J-NETWORKスーパーライト級6位の増井侑輝(真樹ジムAICHI)と対戦する。

 当初ガオナー ・PKセンチャイムエタイジムの出場が発表されていたが、諸事情によりキャンセル。同じPKセンチャイムエタイジムに所属するチャムアックトーンが名乗りを上げて参戦が決定した。

チャムアックトーン(右)のヒザ蹴りはONEでも猛威を振るう(c)ONE

 チャムアックトーンは現役のラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者。「ムエカオ」と呼ばれるヒザ蹴りを得意とする選手で、過去4度の来日では日本人相手に全勝を収めている。中でも昨年9月には国内スーパーライト級最強と名高いシュートボクシング日本スーパーライト級王者・海人(TEAM F.O.D)を延長判定で撃破した試合は、あまりの強さに日本のファンを驚愕させた。同年7月にはONE Championshipにも参戦し、ムエタイの技術を見せつけて判定で完勝。10月にはロッタンと同門のヨードパノムルン・ジットムアンノンを破りラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王座を防衛。現代におけるスーパーライト級世界最高峰の実力者の一人として君臨している。

地元愛知の増井(左)が強豪チャムアックトーンを迎え撃つ

 対する増井は地元愛知を主戦場とし、「J-NETWORK」や「Bigbang」のタイトル戦線に顔を出す実力者。今年5月の「ホーストカップ」ではタイ人選手トーン・セイシカイを3RKO。6月にはSB日本ライト級王者の西岡蓮太(龍生塾)と対戦し、ダウンを奪われながらも左ミドルで応戦し、激闘を演じた。指導するのは「Suk Wanchai MuayThai Super Fight」でも活躍したマキ・ピンサヤーム。「マイペンライ(タイ語で「問題ないよ」)」というマキを信頼する増井は「人生を賭けて勝ちにいきます」と意気込みを見せている。

<決定対戦カード>

▼日タイ国際戦 スーパーライト級 3 分×5R
増井侑輝(真樹ジム AICHI/J-NETWORKスーパーライト級6位)
vs
チャムアックトーン・ファイタームエタイ(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王者)

●編集部オススメ

・海人の連勝ついにストップ、現役ラジャ王者がムエタイの洗礼=2018年9月

・チャムアトーンがラジャ王座防衛に成功(動画あり)=2018年10月

・石井一成が首相撲を崩せず敗北、リベンジ許しWBC王座獲得ならず

・福田海斗がリベンジ戦に勝利、ラジャダムナン・バンタム級ランキング入り濃厚に

・美女キックボクサーぱんちゃん璃奈、初グラビアに「鍛え上げた身体を見て」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース