TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】タイソン「あの場に立てて幸せだった」ジョーンズ「生きて帰れた」=試合後会見

2020/11/29(日)UP

タイソンがジョーンズに度々この左をヒットさせ、さらにボディブローも効かせた(Getty/eFight)

 11月29日(日・日本時間)に米ロサンゼルスのステープルズ・センターで”世紀のエキシビションマッチ”として対戦したボクシング元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(54=米国)とボクシング元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・Jr(51=米国)。2分8ラウンドのヘビー級エキシビションマッチでは、タイソンが始終積極的に攻めボディを効かせたが、ジョーンズがクリンチやサークリングで凌ぎ、エキシビションのためドロー。二人は試合後の記者会見でそれぞれ心境を語った。

タイソンの左がジョーンズの顎を撃ち抜く(ESPN Ringsideより

 ジョーンズは試合を振り返り「少し疲れたが、気分は良い。なんせ生きて帰ってくることができたので。明日から生きていける」と満足げな表情。
 タイソンのパンチについて聞かれると「痛かったさ。全てのパンチが強烈だった。私に当たった全てのパンチは痛かったよ」と話し、接近戦の展開でタイソンのパンチを被弾しない為に、レノックス・ルイス戦やホリフィールド戦の過去の試合を参考。用意していた戦術として、接近戦ではクリンチワークで身を守り、アウトボクシングで攻めるようにしたと説明した。
 さらに「ボディショットは効いた」と話すも、もらったパンチで意識を飛ばすこともなくドローに持ち込めたことを満足した。

 しかし、米スポーツメディア『ESPN Ringside』の情報によれば、タイソンとジョーンズがパンチを当てた数はタイソン「67」に対しジョーンズが「37」。その内の強打に関しては、タイソンが57発でジョーンズが28発と、数字の上でもタイソンが圧倒した結果となった。

両者にWBCからこのコロナ禍の中、ボクシング界で先頭に立って戦ったということでフロントラインベルトが贈られた。(ESPN Ringsideより

 一方、内容も結果も圧倒的だったタイソンだったが、開口一番で「相手にKOされなかったのでよかった」と謙虚なコメント。その理由を尋ねられると、これまでの練習でスパーリングパートナーにやられていたので、実際の試合では死ぬ可能性があると対戦相手に畏怖の気持ちを持って挑んだからだと説明。
 自身のパフォーマンスについても「全ての面でもっとやれたはずだった。次戦はもっと良いものにする」と語った。

 対戦したジョーンズについては「彼の戦いはスマート。ダメージを与える硬いパンチを与えるのは難しかった。良いパンチを当てても、一切顔に出さないので効いているか、分からなかった」と、ジョーンズの戦いぶりを賞賛。
 そして「8ラウンドも彼とあの場に立てて幸せだった。だからスコアカードも無観客も、私にとって意味のないものだった」と満足した様子を見せた。

 タイソンは次の展開として、南フランスのモナコなどで欧州のファイターとのエキシビションマッチにも興味があるとも語った。

●編集部オススメ

・【ボクシング】タイソンのボディブローが効いた! ジョーンズは思い通り試合ができず

・【ボクシング】YouTuberポールが衝撃KO勝ち、元NBAロビンソンが前のめりに崩れる

・【ボクシング】タイソンの前座で元2階級王者バドゥ・ジャックが圧勝で連敗脱出、再び世界へ

・【テレビ】マイク・タイソンvsロイ・ジョーンズのテレビ、放送情報=11.29

・【ボクシング】タイソンvsジョーンズほか全対戦カード決定、異色の対戦も=11.29

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧